保育士の身だしなみ

服装はジャージが多い

なんの仕事でもそうだとは思いますが、保育士にとっても身だしなみはとても大切です。

保育園の方針によって服装や髪形の指定はありますが、子どもに刺激を与えるような格好は控えたいものです。

ジャージは明るい印象を与えられないからNGだという保育園もありますが、多くはジャージが仕事着という方針です。ジャージの方が、動きやすいし、汚れてもあまり気になりません。

髪のカラーリングはOK?

髪についてですが、あまり明るすぎるヘアカラーは避け、落ち着いたカラーが好ましいです。

中には明るいカラーをしている若い保育士もいるとは思いますが、保護者側から見た時にどう思われているか考えた方がよいでしょう。

「子どもを安心して預けられそう」という印象を保護者に与えることも、保育士をしていく上で大切なことになります。

自分が損をしないためにも過度なカラーは控えた方がよさそうです。

髪型は子どもからの印象を考える

また、髪型ですが、前髪はなるべくピンなどで止めている方が良いようです。結べるくらいの長さなら、ゴムでくくることをおすすめします。

子どもと思い切り遊べるように、保育の妨げにならないようにするためにもその方がよいでしょう。

実際に、前髪を下していた保育士がいて、その保育士には子どもから近寄ってきませんでした。

先輩の保育士から、アドバイスをもらい、前髪をピンでとめて顔が見えやすいようにしたところ、子どもの方からきてくれる様になったようです。

この例を見てもそうですが、そのくらい子どもからしても見た目の印象はとても重要だということが伝わりますね。顔に髪がかかっていると暗い印象を与えるようです。

その他、基本的にアクセサリーなどの装飾品や、ネイルもNGです。子どもに怪我をさせる心配のないように気を付けなければいけません。

保育士は子どものお手本となります。どこから見られても大丈夫といえるような保育士になりましょう。

仕事体験談