保育士は育児をしながら続けられる?

公立のほうが続けやすい

結論からいうと、保育士は「育児をしながら続けることができる仕事」とはいえない部分があります。

一概にはいえませんが、実際問題として、私立の保育園の場合、結婚したら退職される保育士が数多くいます。

ずっと保育士として働きたいと思うなら、公立の保育園の保育士の方が続けやすいでしょう。公立の場合、公務員になるため、産休・育児休暇が保障されている保育園がほとんどだからです。

逆に公立の保育士は、「子どもが生まれたから」という理由で退職しにくい傾向にあるようです。

いずれにしても、就職活動のときに福利厚生が充実しているか、子育てしながら働いている保育士はいるか、ということを把握しておくとよいでしょう。

保育園の方針

もちろん私立の保育士が必ずしもやめなければいけないということではありません。

中には結婚して出産した後に、戻ってくる保育士もいます。これはその保育園の方針により異なることなので、結婚しても続けたい人は、事前にどの保育園なら続けることができるかを調べておきましょう。

結婚・出産をした保育士をもう一度雇う保育園は、「親になって初めて親の気持ちが分かる」という考え方を持っています。自分の子どもが生まれていろいろな視点で物事を見ることができるということです。

保育園に預ける保護者側からしてもそうした考え方を持つ園の方が、安心して子どもを預けることができるかもしれません。

アルバイトとして働く

フルタイムで働くことが難しくても、アルバイトとして短時間働くという手段もあります。

保育士のアルバイトを募集しているところは多いので、保育士の資格を有していることは、育児をしながら働く上でメリットとなります。

勤務時間は短くなりますが、アルバイトといえども、子どもに対する責任は正社員の保育士と同じですので、責任をもって働くことが必要です。

仕事体験談