秘書の役割

上司の仕事を手助けする存在

秘書は表舞台に立って目立つ存在ではありません。上司のサポート役として、常に時間に追われ膨大な仕事を抱える上司の仕事をいかにスムーズに進めるかを、いつでも一番に考える必要があります。

上司のスケジュール調整や管理、会議に使う資料作成、来客対応などに始まり、掃除や片付けなどオフィス環境を整えることまで、一見「雑用」と思えることでも、それが結果的に上司の力になるのであれば、文句を言わずに取り組まなければなりません。

また取引先やお客さま、さらには他の部署の人と接する機会も多いため、周りへの細かな気遣いが欠かせません。

求められることは多い

秘書は言われたことを完璧にこなすのはもちろん、いちいち指示しなくても相手が望むことを察知して、行動に移す力が求められます。上司はとても忙しいため、1から10まですべてを指示できないこともあります。

そんな時、秘書は自分から「上司が何を求めているのだろう?」と考えなければなりません。

秘書の代表的な仕事内容は挙げられますが、実際にはつく上司によって仕事のやり方が随分変わるともいわれます。性格は人それぞれなので、上司によって求めるものも変わるのが当たり前。

上司が変わればそれまでのやり方に固執せず、臨機応変に対応することも大切です。任される仕事が増えるのは、秘書として信頼されている証拠でもあります。

業務範囲の広さや仕事量が多くストレスを感じることはあるものの、上司がバリバリと仕事を進める姿を見たり、直接感謝の言葉をもらったりすると、大きな充実感を感じられます。

企業のトップたちの近くで働くため責任は大きいですが、気を利かせて人のサポートすることが好きな人にはピッタリの仕事といえます。

仕事体験談