新卒で秘書になれる?

一般企業の秘書

大企業や一部の中小企業では、社長や各役員に対して秘書をつけている場合も多いものの、新卒の学生が秘書として採用されることはほぼありません。

なぜなら、事務処理能力やビジネスマナー、接遇能力など、秘書として求められるスキルがいくつもあるためです。また、取引先や重要なお客さまと接することもあるため、会社の歴史や業績等をしっかり理解しておく必要もあります。

特に、1対1で上司に秘書がつくようなケースでは、ベテランの人が選ばれることが多いのが特徴です。

一方、大企業などで秘書室がある程度の規模のチームとして存在する場合には、まれに新卒の社員でもそこに配属される可能性があります。ただし、その場合もちょうど秘書室の人数が不足していたことや、新入社員研修で高い適正が認めたため偶然声をかけられたなど、レアケースとなっているようです。

一般的には、受付や総務、人事など管理系の部署で仕事をしてから、適正が認められて秘書室に異動となる場合が多いです。また、将来の幹部候補と見込まれている場合に、一定期間トップの近くで学ばせるために秘書業務を経験させることもあると言われています。

病院の医局秘書

病院の医局秘書も、新卒の学生を積極的に採用するというよりは、経験者や未経験者でも秘書検定などの資格を持ち、スキルのある人を中心に採用しているようです。

一般企業の入社試験では「大卒以上」を条件する場合が多いのに対し、「高卒OK」や「学歴不問」というケースも見受けられます。ただしフルタイムの職員ではなく、パートや嘱託としての採用が多いです。

専門職の秘書

大きな弁護士事務所や会計事務所などでは、新卒採用を積極的に実施しているところもあります。ただしこれらの場合は、大卒以上の学歴が求められるのが一般的です。

仕事体験談