秘書の給与・年収

給料・年収

秘書は専門性の高い仕事であるため、一般事務よりは高めの給与設定となっています。日系企業の正社員秘書の場合、未経験だと年収250〜350万程度の人が多いですが、経験を積んで社長などトップの秘書になることができれば年収500万円以上をもらえることもあります。

外資系企業秘書の給料はそれよりも高水準になっていることが多く、重役の秘書になったベテランの人の中には、まれに800万円程度の給料をもらう人もいます。また、議員秘書で役職が高い人の中には年収1,000万円を超える収入を得ている人もいます。

正社員であれば、毎月の給料に加えてボーナスが年に1回〜2回支給されますが、年俸制を採用している企業の場合は支給されません。

派遣社員の場合は時給制で、時給1,500円〜2,000円程度が相場となっています。スキルや求められる条件に応じて時給も変動し、高い語学力などを持っている場合には、さらに高い時給がもらえるケースもあります。

待遇

健康保険や社会保険などの各種保険、住宅手当、扶養家族手当などがありますが、企業によって異なります。

残業代に関しては所定の勤務時間を超えれば支払われるのが一般的ですが、秘書の仕事時間が不規則であることから、残業代ではなく基本給に上乗せされているケースもあります。

仕事体験談