雑誌の編集者の仕事

ひとくちに「編集者」といっても、雑誌や漫画など、携わるもののの種類によって仕事の進め方や仕事内容は少しずつ変わってくるところがあります。

ここでは、雑誌の編集者がどのような仕事をしているのか紹介していきます。

コンテンツの企画を立てる

雑誌は、ファッション、スポーツ、カルチャー、グルメ、旅行…といったようにさまざまな内容を扱うものがありますが、既刊している雑誌であれば、その雑誌のコンセプトやターゲットなどに沿ってページの企画を考えていくことになります。

雑誌ごとに編集方針やある程度のテーマは決まっており、その中で読者に「面白い!」「新しい発見だ!」と思われるような企画を立てていくのが、編集者のおもな仕事です。

雑誌を発行するペースは、ものによって週ごとの場合もあれば月ごとのもの、さらに四半期ごとのものなどさまざまであり、基本的には発行ペースが早いほど、編集者は次から次に企画を出していかなければならないという苦労があります。

編集部では、定期的に「編集会議」や「企画会議」といったものが開かれて、そこで各編集者が持ち寄った企画をプレゼンし、編集長が「この企画でいこう!」という最終決定を下します。

新しい雑誌を出す場合にも、編集者は雑誌のテーマ設定やターゲット設定などの検討から携わります。

制作工程に関わる各スタッフを取りまとめる

企画が決定すると、いよいよページ制作に取り掛かります。

雑誌を一人だけで作ることは難しく、そこでは記事を書くライター、写真を撮影するカメラマン、ページのレイアウトやデザインをするデザイナーなど、社内外でたくさんの人が動くことになります。

こうしたスタッフたちに「こういう内容の原稿や写真を用意してほしい」といった依頼や指示を出したり、取材依頼のアポイントメントを取得したりします。

また、撮影に同席したり、集まった素材の内容確認をしたり、スケジュール通りにすべてが動いているか把握してコントロールしていくことも、編集者の仕事です。

地味な作業も多い

編集者と聞くと華やかなイメージを抱くかもしれませんが、実際には原稿チェックなど地味な作業がとても多く、あまりに忙しいとデスク周りは山積みの原稿でグチャグチャになることもあります。

雑誌の規模や出版社にもよりますが、たいていは複数の編集者が分担して作業しており、自分の担当ページを持って動きます。

新人のうちは小さな企画から任されますが、ベテランになると目玉といえるような特集ページを任され、より大きな責任を背負って制作を進めていくことになります。

雑誌の編集者は、限られた時間内でたくさんのスタッフをまとめなくてはならないため、人間関係を上手に築いてフットワーク軽く動いていくことも重要です。

仕事体験談