アルバイトの編集者として働く

おすすめは編集プロダクション

編集者として働きたいと思っても、志望者に対して求人数は決して多くなく、狭き門となっています。

しかし、働く方法のひとつとしてアルバイトがあります。その場合、出版社よりも編集プロダクションをおすすめします。

その理由は、編集プロダクションは出版社から「次にこういう雑誌を出すんだけど、作ってくれない?」と依頼を受ける下請け業者であり、本作りの前線に立っている会社として、実務経験が身に付きやすいからです。

また、編集プロダクションは中小規模の企業が多く、その業務の多忙さから退職者が続出し、慢性人手不足となっている企業も珍しくありません。

そこでアルバイトをすれば、もしかしたらどこの書店でも目にすることができるような有名な雑誌に出会える可能性もあるでしょう。

編集プロダクションでの仕事

編集プロダクションでのアルバイトの仕事は、たいてい簡単なコピー取りや情報収集などの仕事からスタートしますが、ある程度信頼を得れば文章を書かせてもらう機会も出てくるでしょう。

アルバイトといっても、仕事をしている上では編集者のはしくれです。上司となる編集者の社員のお眼鏡にとまれば、さまざまな実務を任せてくれますし、正社員への道も開けるかもしれません。

もう少しアルバイトの仕事内容を詳しく説明しましょう。

入社当初は、先輩に言われた情報を本やインターネットなどを活用して集めたり、コピーを取ったり、夜食の買い出しといったような、雑用とも思えるような仕事が中心です。

しかし、1年や2年経つと、さまざまな仕事をやらせてくれます。たとえば、外部ライターやカメラマンに案件依頼の交渉をしたり、取材のアテンド、フォローなども行うようになります。

また、自分が今まで経験してきたなかで、「これは面白いんじゃないかな?」と思うネタがあれば、上司となる編集者に企画を持ち上げることもできます。

そこで認められると、プロの編集者への道に一歩前進したといえるでしょう。

早くから現場を経験する良さ

編集者のアルバイトは学生を対象にした募集もあります。もし編集者への就職を考えているならば、ぜひ在学中にアルバイトをしてみるといいでしょう。

そこでリアルな現場の姿に触れ、実際の業務に携わっていくうちに、自分が思い描いていた編集者の像とギャップが出てくるかと思います。

「こんなに大変だとは思わなかった」と思うかもしれませんし、「思っていた以上にやりがいのある仕事だな」とさらに強く志望するかもしれません。

このように、アルバイトとして働いて、編集者という仕事を知って、それでもなお編集者への道に進みたいと思うのであれば、真剣にプロの編集者へとなる道を進んでください。

仕事体験談