販売促進への転職、未経験採用

販売促進にいかせる経験

販売促進の仕事は、自分のアイデアを生かして面白い企画を考え、その成果を実感することができるというやりがいがあります。

こうした魅力にひかれて販売促進の仕事に興味を持つ人は多く、なかには他業種や他職種からの転職をめざす人もいるようです。

それでは、販売促進の仕事に転職したいと考えた場合、どのような準備が必要なのでしょうか。

まず、学歴や資格に関してです。

この仕事は、特定の学歴や資格がなければ働けないわけではないので、学歴や資格に関してはハードルは高くないと考えてよいでしょう。

ただし、仕事をする上で絶対に必要な「企画力」や「データ収集能力」「コミュニケーション能力」をアピールできる経験があれば有利になると考えられます。

また、パソコンを使って作業することが多いので、WordやExcel、PowerPointなどの基本的なスキルは身につけておいたほうがよいでしょう。

語学力に関しては必須ではありませんが、商品や事業の海外展開を視野に入れている大手企業の場合は語学力を重視していることもあるようです。

未経験者歓迎の企業も

企業によっては、未経験者を歓迎していることもあります。

この仕事は「専門の知識がなければ就けない」というわけではなく、他の職種で培った経験やスキルをいかして活躍することが十分に可能なのです。

たとえば、今までは商品そのものの開発に携わっていたという人、マーケティングの専門として働いていた人が販売促進の仕事に転職することがあります。

また、広報や宣伝のプロとして働いていた人、優秀な営業マンとして働いていた人も、それぞれの職種で培った人脈やテクニックを生かすことができるでしょう。

たとえ販売促進に関して未経験でも、やる気があればどんどん挑戦することができる土壌があります。

未経験者を積極的に採用している企業もあるので、求人情報をよくチェックしてみるとよいでしょう。