販売促進のつらいこと、大変なこと、苦労

企業の未来を背負って

販売促進の担当者に課せられた最大の目標は、いうまでもなく「販売を促進すること」です。

商品の売り上げをアップさせたり、顧客数を増やしたりすることが何よりも大切なことです。

しかし、「こうすれば売れるだろう」と思って仕掛けたことがいつも当たるとは限りません。

力を入れたキャンペーンが世間で全く話題にならなかったり、手間をかけて作ったノベルティ付きで売り出した限定商品が大量に売れ残ったりすることもあります。

成果のほとんどが数字となって表れるため、失敗した際も言い逃れはできないのです。

企画したものがことごとく不評に終わるのは、販売促進を担当する人にとって最も悔しいことです。

また、企業の命運をかけて送りだしたような新商品の売り上げに貢献できない場合、経営不振のきっかけを作ってしまうこともあるため、責任は重大です。

販売促進には「アイデアを駆使して楽しく仕事ができる」という一面もありますが、その一方では大きな責任がつきまとうことも否めません。

「絶対に成功させてやる」という強い信念と、失敗の責任を背負う覚悟がなければやっていけない仕事です。

社内で板挟みになることも

販売促進の仕事は、商品自体を企画開発している部署である「商品開発部」と大きな関わりをもっています。

また、商品の宣伝や販売そのものを担当している部署である「広報部」や「営業部」との関わりもあります。

ですから、たとえば販売促進の担当者が「新商品に特典をつけるキャンペーンを展開しよう」と考える場合も、決して単独で決定して実践できるわけではありません。

さまざまな部署の協力や承諾が必要不可欠なのです。

このように多くの人が連携して仕事を進めるとなると気苦労は多いですし、社内で板挟みになることもあります。

異なる立場の人の異なる意見に挟まれて身動きがとれなくなったり、連絡がとれなくて仕事が滞ったりすることもあるのです。

販売促進は、高いコミュニケーション能力がなければ、務まらない仕事といえるでしょう。