販売促進の給料・年収

就職する企業によってさまざま

販売促進の仕事は資格や免許を必要とする専門職というわけではありません。

このため、この仕事に従事している人の正確な人数や収入に関するデータというのは見当たりません。

販売促進の仕事をしている人の給料や年収は、どのような業界で働いているか、どれくらいの規模の企業に勤めているかによって大きく変わります。

一般的には、大手のメーカー(化粧品メーカー・飲料品メーカー・食品メーカー・ファッションブランド・出版関係など)や都心部の百貨店などでは年収600万円を超えることも珍しくありませんし、中小企業の場合は年収300万円前後になります。

ですから、販売促進の担当者の年収はおよそ300~600万円くらいと考えておいてよいでしょう。

また、この業界は医療や教育などの業界は異なり、あくまでも商品の売り上げによって経営状態が左右されます。

景気によって給料の変動があることも多く、中小企業を中心に不景気になるとボーナスが減ったり出なくなったりすることがあります。

常に安定した収入が望めるわけではないという点には理解が必要です。

非正規雇用の給料は

企業によっては、販売促進に携わるスタッフを正規雇用ではなく契約社員という形で雇っている場合もあります。

契約社員の場合は数ヶ月から数年間の契約になり、正社員よりも給料が低いのが一般的です。

契約社員の給料は、時給にすると1000~1500円ほどになることが多いようです。

福利厚生の待遇についてはさまざまですが、住宅手当がついていたり提携しているスポーツジムや旅館を利用できたりすることがあります。

また、新商品発売に伴うキャンペーンや期間限定のイベントなどで短期間に仕事が集中することがあるので、ときにはアルバイトやパートを雇うこともあります。

この場合は、時給にすると1000円前後になることが多いようです。