販売促進部門で働くには

まずは企業に入社を

販売促進の担当者というのは、企業の中のひとつの部署に所属しています。

組織によって名称はさまざまですが、「販売促進課」「販促部」「販売企画部」などの名称を用いているところが多いようです。

ですから、販売促進の仕事をしたい人は、まずはこのような部署がある企業の就職試験を受けるとよいでしょう。

飲料品のメーカーや化粧品メーカー、アパレルブランドや百貨店など、さまざまなところに活躍のチャンスが広がっています。

この際に、大手企業などでは「四年制の大学を卒業していること」「TOEICで一定の点数を取得できていること」が条件になる場合もあるので、希望する組織の求める人物像をよく調べておくことが大切です。

就職試験では、一般的には書類選考と面接、集団ディスカッションなどが行われます。

入社後の道のり

販売促進の仕事を希望していることを伝えた上で無事に内定をもらえたとしても、入社後すぐに希望通りの部署に配属されるというわけではありません。

販売促進のチームは、商品開発や広報、営業など社内のさまざまなチームと連携をしながら仕事を進めることが求められます。

ですから、社内の仕事の進め方について学ぶという意味でも、最初は他の部署に入って仕事をしながら勉強することがあります。

また、自社の商品をより深く理解するために、店頭に立って販売や接客を経験させる企業もあるようです。

これは、消費者のニーズを把握したり売れ筋の商品を分析したりするための貴重な経験にもなるでしょう。

このような経験を生かして、他部署の仕事をよく理解していたり消費者の目線に立った考え方ができたりする人は、販売促進のチームで活躍することができます。

「すぐに販売促進の仕事がしたいのに、どうして他の仕事をしなければいけないのか」と思う人もいるかもしれませんが、いつの日か希望の部署で活躍するための大事な修行だととらえて、目の前の仕事に取り組むことが大切です。

専門の企業に入社する道も

また、販売促進を専門に請け負う企業やイベント会社というのもあるので、この仕事だけを究めたいという人ならばこのような企業に就職するのも良いかもしれません。

ただし、企業の数としてはそれほど多くありませんし、自社の商品の販売促進をするわけではなく発注を受ける立場になるので、仕事の自由度が少なくなる可能性もあります。

販売促進の専門企業に就職するメリットとデメリットをよく考えた上で検討したほうがよいでしょう。