販売促進のキャリアパス

現場経験を経て販売促進へ

販売促進の担当者は、どのようにキャリアを積み重ねていくことが多いのでしょうか。

ここでは、一般的な例について説明します。

まず、入社後すぐに販売促進の仕事に就きたいと希望していても、最初から希望通りに配属されるケースはそれほど多くありません。

この仕事に就くにあたっては、自社の商品の魅力や客層についてよく知っていることが何よりも大切です。

また、広報や営業など他部署がどのような仕事をしていて、どのように商品をPRしているのかについても知っておく必要があります。

そこで、販売促進の仕事に就く前に、まずは現場に近い他部署に配属して経験を積ませることが多いのです。

回り道に思えるかもしれませんが、この経験が販売促進のための企画を考えたり社内で連携しながら企画を進めたりする上で大きな糧となるのです。

いずれは経営に携わることも

販売促進の担当になったら、まずは先輩社員のアシスタントからスタートします。

イベントやキャンペーンの手伝いをしながら仕事の流れを掴み、少しずつ小さな企画を任せられるようになります。

マニュアルのないような新しい企画や大規模な企画を担当させてもらえるようになれば一人前の証です。

この仕事は売り上げが数字に反映されるので、成果が確実に目に見えます。

たとえキャリアが短くても年齢が若くても、成果が出せる人であればどんどん仕事を任せられますし、いずれはリーダーとして活躍することも夢ではありません。

キャリアアップの道筋としては、販売促進チームのグループリーダーを経てマネージャーの立場となり、いずれは企画系の管理職として活躍することもあります。

また仕事の性質上マーケティングや新商品の販売戦略に強くなるので、将来的には販売促進で培ったスキルをいかして企業の経営そのものに携わる仕事を任されることもあります。