花屋のつらいこと、大変なこと

重労働でも笑顔を忘れずに

花屋で働くことに華やかで優雅なイメージがあるという人もいるかもしれませんが、実は花屋の仕事は想像以上に力仕事で重労働です。

まだ夜が明けないうちに始まる花市場での仕入れ業務から閉店後の店内の片付けまで行うので長時間労働になり、接客業のため土日や祝日には休めないことも珍しくありません。

たくさんの花が入った花瓶や鉢植えを運んだり、立ち仕事で接客をしたり、配達のために一日中運転を続けたりするので腰を痛めてしまうこともあります。

また、植物の手入れのために水遣りをしたり液剤を使ったり茎や葉をカットしたりすることが多いので、手が荒れてしまうということも…。

店頭に並んでいる美しい花々の陰には、花屋で働く人のこのような苦労があるのです。

そしてそれでも、花屋という明るくて美しい場所で働く以上は、舞台裏の苦労など微塵も感じさせずにいつも笑顔でお客さんに接することが大切です。

生き物相手の仕事だけに

花を商品として取り扱うということは、常に生き物を相手にした仕事をするということです。その年の気温や雨の降り方によって花の咲き具合が変わってくるため、市場における花の値段は常に変動します。

いくらで仕入れていくらで販売するのか、花屋は難しい判断をしなければいけません。

とくに生花の場合、高い商品価値があるのは数日間だけなので、仕入れの量も見極めなければいけません。花屋には臨機応変に対応する能力が必要なのです。

さらに、仕入れた花を枯らさないために四六時中気を配らなければいけません。

商品として販売している花や鉢植えの中には水遣りが欠かせないものもあるので、たとえ店舗が休みの日でも、手入れのために出勤するということもあります。

いつだって花の状態をベストに保つことを優先しなければいけないのです。

花屋として働くのであれば「休みたいときにいつでも休めるわけではない」ということは肝に銘じておいたほうがよいでしょう。