花屋の求人・募集状況

正社員になるために

日本全国どの都道府県に行っても花屋はあるものですが、花屋の正社員求人というのは実はそれほど多いわけではありません。その理由は、花屋の多くが個人経営の小規模な店舗だからです。

従業員が十人に満たないということも決して珍しくありませんし、花の仕入れから接客や配達までのすべての作業を家族だけで行っている店舗もあります。

このような小規模な店舗では、毎年定期的に新しい人を採用するような余裕はないため、人手がどうしても足りないときに求人募集を出すというスタイルが一般的です。

四月入社の採用ではなく、年度途中からの採用になることもあるので、求人募集をこまめにチェックしましょう。

また、こうした小規模な店舗では正社員として雇ってもらえるとも限りません。

アルバイトやパート、契約社員などの雇用形態が多いので、正社員をめざすのであれば経営者から長期的に必要とされるような高い能力が必要不可欠です。

未経験者の採用状況

花屋での勤務や園芸の専門学校での学習をしたことがない、まったくの未経験者が花屋をめざす場合、正社員で採用されるのはさらに難しくなります。

小規模な店舗では、どうしても一人ひとりに課せられる仕事の割合が大きくなります。

「お客さんへの接客ができて花束の制作ができて配達もできる」というような、何でも任せられる即戦力としての働き手を求めており、未経験者を採用してゼロから育てていく余裕がないというのが多くの花屋の実態でしょう。

「未経験でもどうしても花屋で働きたい!」「現場での仕事を通して花屋の仕事を覚えたい!」という人が最初から正社員として入社するのは難しいものです。

アルバイトやパートから始めて、雑用や簡単な作業をしながら少しずつ花屋の仕事を覚えていく。そして能力を身につけて、いずれ正社員をめざす、というのが現実的な道でしょう。