花屋の面接

未経験でもしっかりアピール

花屋の面接では、まずは経験について確認されます。

アルバイトを含めた花屋での勤務経験の有無、植物に関する専門学校や通信講座で学習したことがあるかどうか、園芸やフラワーアレンジメントに携わったことがあるかどうかを聞かれるので、正確に答えましょう。

また、カラーコーディネートやラッピングのスキルなど花屋で働く上で活かせそうな特技があるかどうかもチェックされます。

花に携わった経験がまったくない人の場合は、花屋の仕事についてどれくらい理解しているか、体力仕事に対する覚悟があるかなどの確認をされることもあります。

未経験でも誰にも負けない熱意があることをしっかりアピールしましょう。

花のように「爽やかに」「美しく」

花屋は、花を通してお客さんにたくさんの幸せを届ける場所です。花屋に花を買いに来る多くの人たちが、美しい花々と優しい香りの漂う店内の雰囲気を心地良いものだと感じています。

その想いをさらに確かなものにするのが、花屋で働く人たちの気持ちの良い接客です。爽やかな挨拶、明るい笑顔や親切な接客。花屋のスタッフにはそういったものが欠かせません。

花屋の面接ではそのことを意識して、身なりはもちろんのこと、受け答えにも清潔感や明るさを出せるよう努力することが大切です。

求められるコミュニケーション能力

花屋には、お客さんの希望を聞きながら花束を作るという仕事があります。

その花を飾る目的や贈る相手、シチュエーションを丁寧に聞き出して、予算やお客さんのイメージに合わせて素敵な花束を作りあげていくのです。希望通りのものを作るためには、コミュニケーション能力が大切です。

また、花は生もので在庫を持っておくことができないため、どうしても廃棄処分になるものが多く、多くの花屋が不安定な経営のなかで奮闘しています。

お店に来てくれたお客さんに確実に商品を買ってもらったりリピーターになってもらったりするためには、営業能力も必要です。

花屋で働く以上はこのような対人能力も求められるので、面接では笑顔を大切にしてハキハキとわかりやすく、答えられるようにしましょう。