花屋の1日

朝から晩まで働き者

花屋で働く人たちは朝が早いことで知られており、まだ夜が明ける前に出勤することも珍しくありません。

鮮度が良くて美しい生花を販売するためには、朝のうちに花市場に出向いて仕入れをしなければいけないからです。

仕入れを終えて市場を出ると、そのまま店舗に向かいます。店舗のオープンは9時〜10時頃になっていることが多いので、この時間に向けて新しく仕入れた花を店頭に並べ店内を整えます。

お店がオープンしてからは、接客や販売、花束作りを行います。働きながら常に店内の花々の状態に気を配り、時には水を取り替えたり茎をカットしたりというお手入れも欠かせません。

美しい状態で咲かせるための方法はそれぞれの花によって違い、切り口をお湯につけたり、火で熱したり、薬剤を使ったり…とさまざまです。

また、花束にする場合は何の花を組み合わせてどのようなラッピングにするかによって見た目の美しさが大きく変わります。植物を扱うプロフェッショナルとしての腕が試されるところです。

昼食の休憩は13時〜14時頃に取るのが理想ですが、お店の混み具合を見ながらスタッフが交代で取ることになります。

バレンタインデーやクリスマス、年末や春の歓送迎会シーズンなど、忙しい時期には昼時もなかなか休めないこともあります。

花屋は19時〜20時頃に閉店することが多いので、夕方を過ぎると少しずつ閉店準備に入ります。

この時点ですでに開花のピークを迎えている花は、翌日まで持ち越すと商品として売れない可能性が高いため、夕方になると値下げして販売することもあります。

閉店が近くなればなるほど、こうした判断に追われることになります。

夜遅くまで営業する花屋も

閉店後は、売り上げの集計や店内の清掃、さらに翌日商品として販売する予定の花や鉢植えの世話をします。朝早くの仕入れから夜遅くの片付けまで長時間労働になることも多いので、花屋は体力仕事ともいえます。

また、都心の繁華街にある花屋は夜遅くまで営業しているところもあります。バーやスナックなどが近くにある場合は、お客さんが花束を買ってお店に行くことがあるので、遅い時間になるほど花が売れるからです。

花屋は立地によって客層が大きく異なるので、それによって営業時間も異なります。