ホールスタッフのやりがい

接客の醍醐味を感じる

飲食店のホールスタッフは接客の最前線に立ち、お客さまと直接触れ合える仕事です。

飲食店によってはマニュアル化された接客を徹底しているところもありますが、それでも態度や表情でお客さまに好印象を与えることはできます。

ホールスタッフが好印象であれば、お客さまはリラックスした気持ち良い時間を過ごすことができ、結果として店全体の好印象に繋がります。

つまりホールスタッフは料理と並び、店の評判を左右するとても重要な存在です。

スタッフの仕事が店全体、ひいては企業全体のイメージを決めるわけですから、やりがいの大きい仕事だといえるでしょう。

ホールスタッフとお客さまの距離がより近く、頻繁なコミュニケーションが求められる店では、お客さまが楽しい時間を過ごしていればダイレクトにそれが伝わってきます。

そのような瞬間に、ホールスタッフは大きな喜びとやりがいを感じられるでしょう。

ホールスタッフ職の利点

飲食に興味がある人、または将来的に飲食店経営者として独立を考えている人であれば、ホールスタッフの仕事は学ぶことの多い魅力的な仕事でしょう。

キッチン担当でなくても、食材や盛りつけを目にする機会は多いでしょうし、飲食店マネジメントの基礎を目の前で学ぶことができます。

また、接客スキルやお酒についての知識など、キャリアに役立つスキルアップも期待できます。

勤務先によってはまかないが支給されることがあります。大抵は余った食材を簡単に調理したものですが、キッチン担当が作ってくれるため美味しいことには変わりありませんし、自分で買い物して料理をする手間が省けます。

また、食費の節約にもなるので、まかないが支給される職場で働く利点は多いといえます。

モチベーションを保つために

ホールスタッフとしてのやりがいと魅力を最大限に引き出すためには、モチベーションを高く持って仕事をするのが秘訣です。

機械的に注文を取り食事を運ぶだけでなく、その日接客したお客さまを観察し、キッチンの様子に気を配り、他スタッフとのチームワークを楽しみます。

そうすることで、仕事から得られるやりがいは更に大きくなるでしょう。