ホールスタッフの仕事内容

お客さまの接客が中心

ホールスタッフの主な仕事は、レストランやカフェでの接客サービスです。来店客を席に案内し、メニューを配り、注文を取ります。注文の料理がキッチンで出来上がったら、その料理をお客様に配膳します。そして、お客さまが食事を終えたら、会計を行います。

一連の基本業務は以上の通りですが、同じ業務でも店によってさまざまなバリエーションがあります。

来店客の案内から会計まで、ホールスタッフ全員がすべての業務をフレキシブルに行う店もあれば、案内係、注文係、配膳係、会計係と、業務が細かく分かれている店もあります。

一般的に、業務が細かく分かれている店は、そうでない店よりもより格式が高い傾向にあります。

お客様とキッチンの架け橋

ホールスタッフの役割は、お客さまが料理を楽しみながら来店から退店までの時間を最大限に楽しめるよう配慮することです。

お客さまの目的は、店の種類や格式、人数などの状況によってさまざまです。手軽に時間をかけずに食事をしたい1人客もいれば、長時間に渡って食事やお酒を楽しみたいグループもいます。

こういったお客さまのニーズを理解して、調理場やバーのセクションとお客さまの間を効率的に繋ぐのが、ホールスタッフの役割です。

またお客さまから特別な要望があった場合は、それをできるだけ適格に、わかりやすく調理場に伝えるメッセンジャーの役割も、ホールスタッフには求められます。

ホスピタリティ

店の雰囲気によっては、ホールスタッフの積極的なお客さまとのコミュニケーションを推奨することがあります。お客さまとの上質なコミュニケーションをホスピタリティの一部とみなす店もあるからです。

こうした店の場合は、お客様は食事を楽しむだけでなく、その店のホスピタリティを目当てに来店します。

注文や配膳といった業務をこなしながら、お客様とのコミュニケーションを円滑に取ることもホールスタッフの仕事の一部になります。

しかしよりマニュアルに沿って迅速に業務を進めることを至上目的とする店もあるため、入職前にどちらがより自分に向いているのかを見極め、イメージとマッチする店に応募することが大事です。