ホールスタッフの現状と将来性

ホールスタッフの現状

飲食店のホールスタッフは常に多くの募集がある仕事です。飲食業界が慢性的に人員不足なことに加え、体力が必要とされる仕事のため短期間で離職する人が多く、労働人口が流動的なためです。

また人件費削減のためにギリギリの人数で営業しようとする飲食店も多数存在します。

この場合一人当たりの負担が大きく、せっかく仕事を覚えても体力的な部分で続けていくのが難しい、というケースもあります。

そのため何かしらの社会人経験があれば、正社員ホールスタッフになるのは難しいことではありません。

しかし就職は比較的簡単でも、長く続けていく方が難しいのが現状です。

現在ではオーダーと会計の機械化が進み、ポータブルマシーンを使ってオーダーと会計を管理する飲食店が増えてきています。

マシンの使い方さえマスターすれば、テーブル番号で情報を一元化できるため便利です。

しかしキッチンから料理を正しいテーブルに配膳する業務は、未だにホールスタッフの力量に頼っているのが現状です。

ホールスタッフの将来性

ホールスタッフは、飲食店が存在する限り必要とされる職業です。しかし飛躍的に機械化が進めば、将来的にはそれほど人手が必要とされなくなる可能性があります。

たとえば回転寿司の進化版のように、キッチンとテーブルが通路で直接繋がって、タッチパネルでオーダーした料理が自動的にテーブルに到着する、というシステムが開発されるかもしれません。

現在も技術的・理論的には可能なのでしょうが、インフラ整備に資金がかかりすぎるため、ホールスタッフを配置した方がコストが安上がりなのです。

しかし将来的には、ファミリーレストランやチェーン居酒屋のようなあまりコミュニケーションが必要とされない飲食店では、ますます機械化が進んで行くことが考えられます。

一方、食事の場と雰囲気を楽しむための店では、ホールスタッフにはより高度な接客技術が求められるようになるでしょう。

二極化が進む中、ホールスタッフ職として長く働くためには、専門性を高めていく必要があるといえるでしょう。