ホールスタッフになるには

未経験者でもなれる?

ホールスタッフ職は、未経験者の募集が多い職種です。

店の方針によっては、未経験者の方が固定観念がなく指導しやすいことから、未経験者を積極的に採用することがあります。

そのため、未経験からホールスタッフの仕事をしてみたければ、「未経験可」の募集に積極的に応募してみるといいでしょう。

しかし格式の高い飲食店では、ある程度飲食店での勤務経験が求められる可能性が高いです。

飲食店での業務の基礎があることを前提として、その店独自のホスピタリティやマニュアルを実現できる人材が求められるでしょう。

ホールスタッフに必要な経歴

ホールスタッフになるために特別な経歴が求められることはありません。飲食店の規模や格式によっては、ホールスタッフポジションの応募に高校卒業以上の学歴が必要な場合もあります。

大学卒業以上の学歴を応募条件にしている飲食店は稀です。

正社員としての雇用を目指す場合は、以前に飲食店で働いた経験が求められるでしょう。

または、ホテルやエンターテイメントなどの各種ホスピタリティ・サービス分野での経験もアピールポイントになります。

しかし基本的には、学生時代やフリーター時代に長期間飲食店でアルバイトをしており、注文・配膳・会計などの基本業務がしっかり身に付いていることをアピールできれば、採用のチャンスに繋がるといえます。

飲食店経営企業によっては、店長にする前提で正社員を雇用するところもあります。

この場合はサービス業経験に加え、人材マネジメント能力が問われるでしょう。

ホールスタッフの仕事の探し方

ホールスタッフの求人を見つけるには、各種アルバイト検索ウェブサイトや雑誌を当たってみるといいでしょう。

こうした媒体には採用形態もきちんと掲載されていますから、正社員のホールスタッフ募集も見つけやすいのではないでしょうか。

地元で働きたい、特定のエリアで働きたいという希望があるなら、対象地域のタウンペーパーを当たってみるのもひとつの方法です。

大手ウェブサイトや雑誌には掲載されていない、意外な求人が見つかるかもしれません。