ホールスタッフの面接

面接で気をつけたいこと

飲食店のホールスタッフ職の面接を受ける際に気をつけるべきなのはどのようなことでしょうか?

飲食店では、スタッフの清潔感にとても気を使います。お客さまに与える印象に大きな影響を与えるためです。

そのため、面接の際には清潔感のある髪型、女性であればメイクに気を配りましょう。

面接の際に意外とよく見られているのは、手指の爪だといいます。配膳の際に、ホールスタッフの手はお客様の目に触れやすいためです。

服装は清潔感はもちろん大切ですが、ファッションや本人の雰囲気が面接を受ける店のコンセプトに合うかもチェックされています。

そのためオーガニックカフェであればナチュラルなメイクや服装を心がけたり、高級感あるレストランであればフォーマルに見える服装や髪型を意識するなどの工夫をするといいでしょう。

店についての知識

面接の際によく出るのが、「当店にお客さまとして来店されたことはありますか?」という質問です。

これには、スタッフとして働きたいのであれば、店のことを少しは知っていてほしいという採用側の希望が反映されています。

そのため、面接を受ける前にその店に一般客として来店して、気がついたことなどをメモしておき、志望動機や改善点などのコメントに役立てるといいでしょう。

面接を受ける店が高級すぎて気軽に来店できないなど、何かしらの理由で事前に来店ができない場合は、インターネットでその店の情報を収集しておくだけでも、面接時のコメントに差が出ます。

面接の段取りと雰囲気

では、実際のホールスタッフの面接はどのように行われるのでしょうか?

通常初めに履歴書を送り、対象者にのみ電話やメールで連絡があります。店によってはメールでの履歴書送付を受け付けている場合もあります。

書類審査に通ったら、指定の時間に指定の場所に出向きます。通常は勤務先の店での面接です。

面接担当者は店長や、大規模な店であればスタッフマネージャーや直接の上司に当たる人でしょう。

熱意や知識、清潔感の他にも、スタッフのチームに馴染むかどうかも見られています。

応募者側でも、面接担当者の雰囲気をチェックすることで店の雰囲気を掴むことができます。

面接担当者がぞんざいだったり横柄だったり場合は要注意です。上司がこういった人物だと、スタッフ間の関係もギスギスしている可能性があります。

ホールスタッフの面接は、双方がお互いを見極め合う絶好の機会と考えましょう。