ホールスタッフに必要なこと

ホールスタッフに必要なスキル

飲食店のホールスタッフに必要なスキルは、お客さまに好印象を与えるためのコミュニケーション能力です。

馴れ馴れしくならない程度のフレンドリーさで、丁寧ながらも冷たい印象を与えない接客ができるのが、良いホールスタッフの定義です。

また会計の際にレジを使ったり、オーダーマシーンを使うことがあるため、簡単な機械を扱える程度のスキルは求められます。

オーダーマシーンは最近ではタッチパネル式が多いため、スマートフォンを使いこなせる人であれば問題なく使用できるでしょう。

必須ではありませんが、外国人が多いエリアや外国人に人気の店では、英会話のスキルが求められるでしょう。

ホールスタッフに必要な資格

ホールスタッフに必須の資格はありませんが、持っていると採用選考時に有利になったり、仕事に役立つ資格は複数あります。

ワインについての総合的知識の証明となるソムリエ資格は、各種ヨーロッパ料理や本格的なワインリストを備えた高級レストランのホールスタッフ職に応募する際に有利になるでしょう。

ワインのみならず、最近では日本酒の総合知識を証明するきき酒検定や、ビールの知識や注ぎ方、サーブに関連する資格のビールマイスターなど、アルコールに関するさまざまな資格が登場してきています。

ホールスタッフに必要な経験

未経験でも応募可の正社員ホールスタッフ募集は珍しくありません。

未経験可の募集の場合過去にホールスタッフ業務を経験している必要はありませんが、ホールスタッフ業務と結びつけられる何かしらの経験があると履歴書や面接でアピールがしやすいでしょう。

たとえば高校時代や大学時代の部活動で中心的存在だったとか、飲食系以外でもチームワークが必要とされるアルバイトをしていた、などでも十分アピールポイントになります。

ホールスタッフですから料理の経験は必要ではありませんが、勤務先の飲食店のメニューがどのような器具を使って調理されているかくらいは、最低限知っておく方がいいでしょう。