俳優・女優の仕事内容

オーディションから始まる仕事

テレビや映画、舞台や雑誌までさまざまな場所を職場とするのが俳優・女優(役者)です。では、具体的にどんなことを仕事としてやっているのでしょうか?ここでは、役者の仕事内容を紹介します。

たとえば、世間に名の知れた俳優・女優でも、「この作品に出たい!」というドラマや映画などに出会ったときは、オーディションを受けることもあります。

もちろん、無名の役者は日常的にオーディションを受け、合格しないと仕事がありません。

本番まで

一般的に、テレビドラマや映画、舞台はまず、「読み合わせ」という作業から始まります。

出演者・演出・制作スタッフの顔合わせの意味もあるこの読み合わせで、文字通り役者は自分の台詞を話します。

多くの役者は、役作りをした上でこの読み合わせに臨み、共演者が作って来たキャラクターや、間の取り方を掴みます。

そして、その後、いよいよ本番になるわけです。

舞台では、本番までの間に長い稽古期間が設けられますが、ドラマや映画の場合、稽古期間はありません。

ロケ地やスタジオに入り、その場で演出家や監督から指示をもらい、それを演じます。

求められたことをするのが仕事

俳優や女優によっては、監督に自分なりの演技プランを伝え、演出について意見を戦わせる人もいるでしょう。自分の役作りと監督が思っているキャラクターが異なり、どう演じたらよいのかを定めるわけです。

しかし、基本的に役者というのは、演出家や監督が思い描く世界を作り上げるための「コマ」なのです。

ひとつの世界観を構築するために、求められた演技をするのが本質的な仕事といえるでしょう。

俳優・女優の仕事の本質

俳優や女優は、カメラの前で、あるいは、お客さんの前で、演技をしたら、それで仕事は終わりです。舞台ならば上演時間、ドラマや映画ならばその撮影期間、その役になっていればいいのが役者です。

しかしながら、ただ演じるだけなら誰でもできます。その演技を見た視聴者、観客の心を動かさなければならないのです。

それは決して簡単ではありません。そのため、演技の勉強をし、役作りをし、演技の幅を広げなければならないのです。

上演時間や撮影期間という非常に短い時間で、役に入り込むことができなければ役者という仕事はできません。

エンターテインメントという非常に華やかな世界に身を置く職業ですが、それだけに地道な努力と非凡な才能が必要です。

観客の心を動かすことが、俳優・女優の仕事の本質といえるでしょう。