俳優・女優のスカウト

俳優・女優のスカウトとは

モデルのスカウトというと、原宿や渋谷、表参道で行われているわけですが、俳優・女優のスカウトは、モデルのようにあまり路上で行われていることはあまりありません。

まれに、あまりにも容姿が端麗でスカウトマンがスカウトをするという状況もありますが、それほど多い話ではありません。

では、役者のスカウトはどのように行われているのでしょうか。

たとえば、常に小劇場の役者にアンテナを張っているという映画監督は、足しげく劇場に通い、世間的にはまだ認知度の低い役者でも、「自身の次回作で使いたい!」と思えば、その役者に声をかける場合があります。

つまり、役者にとってのスカウトとは、芝居・ドラマ・映画などの作品自体を見たスカウトマンや作品制作者が、役者に声をかけることで成立していることが多いのです。

スカウトをきっかけに

小劇場で活躍しているが、世間の認知度はそれほど高くない役者がいたとします。

彼らは、役者で食べていくために、それこそ映画であろうが、ドラマであろうが、自身の露出の機会を狙っています。

「金の卵はいないか?」と探しているテレビドラマの制作者は、良い人材を見つけたり、人づてに良い役者がいるということを聞きつけると、「今度、新ドラマのオーディションがあるから、受けてみないか?」とその役者に声をかけることもあります。

自ら率先して、さまざまなオーディションを受け、役をもらい、徐々に有名になってゆく役者もいますが、現在活躍中の俳優・女優のなかには、劇場でスカウトをされてから認知度を得た方々もたくさんいます。

その際、自身が所属している小劇団の知名度を上げるため、自身が広告塔となり、メディアに率先して顔を売ります。

そして、自分の劇団には他にも芝居が上手い役者や、おもしろい役者がいることを制作者に売り込み、その役者が新たにキャスティングされ、徐々に劇団自体の認知度も上げていきます。

留意すること

俳優・女優は人気商売で、世間の認知度があってこその職業なのです。

ですから、現在活躍しているドラマ・映画・芝居の制作者からスカウトされたときは、そのチャンスを生かさない手はありません。

しかしながら、どのスカウトに応えるか、という点には気をつけた方がよいでしょう。

役者として勉強できるチャンスなのか、自分が目指す芝居とあまりにもかけ離れていないか、このチャンスをものにすべきかどうか、は慎重に考え、応えた方がいいでしょう。

大袈裟かもしれませんが、そのスカウトで人生が変わることもあるのです。

ですから、スカウトされた時は、周囲の役者仲間や友人、家族などに相談し、答えを出すとよいかもしれません。