俳優・女優の求人・採用募集状況

需要はなくならない

俳優・女優が活躍する場として、まず挙げられるのはドラマ・映画・舞台です。

どれもこの不況のあおりで、かつてと比べると制作費が減っているのが現状です。しかしながら、今後ドラマや映画・舞台の制作が完全になくなってしまうことは、まずないでしょう。

つまり、役者としての職場はなくならないということです。インターネットやケーブルテレビなどでのドラマも増えているので、むしろ需要は増えているともいえます。

しかしながら、需要があるとはいえど、それで生計を立てられるかどうかは別の問題です。ドラマや映画の仕事だけで、生活をしていくのは簡単ではありません。

ドラマや映画の華やかな現場以外にも、再現ドラマの仕事でも俳優・女優のニーズはあります。バラエティ番組や情報番組で流れるVTR用出演の仕事です。

その他にもエキストラの仕事もありますが、ギャラは微々たるものなので、駆け出しの俳優・女優はバイトをして生計を立てていることが多いです。

オーディションは求人のようなもの

では、俳優・女優の仕事はどのように獲得するのでしょうか。

名の知れた有名な役者の場合は、作品制作側からオファーが入ります。しかし、無名の役者はたいていオーディションを受けるのです。とくに、映画や舞台は、オーディションを開いている作品が多くあります。

つまり、オーディションの数だけ募集があるということができます。

例外としては、たとえば、劇団に所属している役者の場合、劇団内の演出家が映画を監督することになったとします。その際は、やはりどんな演技ができるかを熟知している劇団内の役者をその演出家が起用することも多いでしょう。

また、監督や制作側と馬が合ったとき、作品と役者のカラーが合った場合などには、立て続けに同じ役者が起用されることもあります。

この場合は、オーディションを受けずにキャスティングされます。ですので、いかに良い作品や監督・制作陣と出会えるかも、大事なポイントとなってくるわけです。

そのためには、常にアンテナを張り巡らし、自らの琴線に引っかかる作品を見つけて、そのオーディションに合格することが大切になってきます。