俳優・女優になるには

劇団に入団する

俳優や女優になるのには、資格も免許も必要ありません。極端なことをいってしまえば、「役者です」と名乗った時点で、すぐに役者になることはできるのです。

しかしながら、もちろん、それでは生計を立てていくことはできません。では、「俳優・女優になりたい」と思ったら、どうすればよいでしょうか。

まず、第一にあげられるのは、劇団に所属するという方法です。

日本には、「劇団四季」や「劇団青年座」などの大手の劇団や、小劇場を中心に活動する小劇団があります。

各劇団には入団のためのオーディションがあり、この試験に合格すると晴れて劇団員として活動できるようになります。

入団後は、役者としての基本的なレッスンを受けながら、芝居の本番までの雑務などもこなします。

最初のうちは、小さな役からスタートしますが、頭角を現せば大きな役も回ってくることもあるでしょう。

劇団に入団する役者は、たいてい劇場を中心に活動していますが、芝居を観たドラマや映画の制作者から声をかけられたり、自らオーディションを受けたりして、テレビドラマや映画に出演するチャンスを掴むこともあります。

芸能事務所に所属する

次にあげられるのは、芸能事務所に所属する方法です。事務所にもよりますが、俳優養成所を開設している事務所もあります。

まずはそうした事務所のオーディションを受け、研究生になり、そして、基本的なレッスンを受けながら、映画・ドラマのオーディションに挑みます。

大手芸能事務所の場合、事務所が主宰する芝居や映画もあるので、その作品に出演することもあるでしょう。

他職種から転身する方法も

他にも、俳優・女優になるにはたくさんの方法があります。

最近多いのは、モデルから役者に転身する方法です。

NHKの朝ドラの主役として話題になった女優の杏さんや能年玲奈さん、俳優の松坂桃李さんや東出昌弘さんなども、みんな元々はファッションモデルとして活動していました。

歌手から役者へと転身したり両立させていたり人もいます。武田鉄矢さんや福山雅治さん、篠原涼子さんを思い浮かべるとイメージしやすいでしょう。

アイドルから役者へと転身する人もいます。人気アイドルである「SMAP」や「嵐」のメンバーや、「AKB48」出身の前田敦子さんや大島優子さんも、映画やテレビドラマに多数出演しています。

このように、俳優や女優以外の他職種から転身して活躍する道は、すでに知名度や人気があるので成功しやすいともいわれています。

また、最近では少なくなりましたが、現在活躍中の役者に弟子入りし、その役者の身の回りの世話をしながら、演技を勉強する人もいます。

これ以外にも、小劇団を作ったり自主制作映画の団体を作ったりして自分の芝居を追求するなかで認められて、役者になるというルートもあります。

俳優や女優になるには、実にたくさんな方法があるのです。

冒頭で書いたように、誰でも、いつでも、どこでも、役者になることはできますが、役者で生計を立てて行くのは、難しいということを自覚し、自分なりの役者へのなり方を模索していきましょう。