俳優・女優になるきっかけ

王道はオーディション

俳優や女優という職業に憧れを抱いていても、なかなかこの業界に飛び込むチャンスがないと感じる人が多いようです。

では、実際に俳優や女優として活躍している人たちは、どのようなきっかけでこの職業に就いたのでしょうか。

王道となるきっかけとしては、やはり「オーディションに合格する」ということです。

映画やテレビの制作者は、さまざまな役柄のオーディションを行っています。

芸能事務所や俳優養成所に所属しながら応募することもできますし、どこにも所属せずにまったくの一般人として応募できるケースもあります。

無名だけど光るものがある原石を発掘することを目的としている場合や、まだ世間に何のイメージもついていない素人を求めている場合もあるので、演技力や経歴に自信がなくても思い切って応募してみるのもひとつの手です。

スカウトや他職種からの転身も

もうひとつ、よくイメージされるのは「スカウト」というきっかけでしょう。

定番の「渋谷の109前」や「原宿の竹下通り」でスカウトされることがきっかけで俳優や女優になれるのではないか、と考える人もいるかもしれません。

しかし、実際にはスカウトされてまったくの素人から俳優や女優になる人は少数派のようです。

モデルのようにルックスが何よりも大切な仕事とは違って役者は演技力や個性がものをいう仕事なので、容姿だけを見てスカウトするということはそれほど一般的ではないのです。

ただし、芸能事務所の関係者が劇場で芝居をしている役者を見て事務所にスカウトするということはあります。

さらに、スカウトにはリスクもあるのが難点です。

なかには詐欺まがいのものもあり、芸能事務所とは名ばかりの弱小事務所に登録させて、「登録料」「宣伝費」「演技レッスン費」などという名目でお金を取るところもあります。

スカウトに関しては、ものすごく運が良ければ成立するぐらいのものだと考えておいたほうがよいでしょう。

また、俳優や女優のなかには、「親もこの職業だった」という人もいます。母親や父親が役者として活躍しているのを見て育ったため、自然と自分もその背中を追いかけるようになった、というパターンです。

他には「子役のころからやっていて大人になっても続けている」という人もいますし、最近では「モデルや歌手から役者に転身した」という人もとても多いようです。