俳優・女優の家族

結婚や出産は報告を

俳優や女優という職業は、プライベートと仕事の境界線があいまいな職業です。

普通のサラリーマンやOLであれば、結婚や出産などの情報は親しい人にのみ伝えればよいですが、俳優や女優の場合はそういうわけにはいきません。

私生活のイメージがそのまま役のイメージとリンクすることもありますし、結婚や出産によってファンの層が変わることもあります。

そのため、できる限り早い段階で事務所と相談し、必要によっては出演が決まっている映画やテレビ番組の関係者、CMのスポンサー、マスコミなどにも報告する必要があります。

その上で、家族の情報をどの程度世間に公表するのかは、本人が判断することになります。

結婚相手が一般人の場合は写真や名前を公表しないことも多いのですが、芸能人どうしの結婚の場合は注目度も高く、記者会見が必要になることもあります。

また、結婚式の会場に報道陣が入ることもあり、人気のある俳優女優であればあるほど、マスコミからも追いかけられることになるのは覚悟したほうがよいでしょう。

家族を守るために

最近では、スマートフォンやタブレット端末のカメラ機能で、誰もがいつでも写真を撮ることができる時代になっています。

さらに、TwitterやFacebookなどのSNSの発達により、撮影した写真を瞬時に世界中に公開することもできるようになりました。

このことによって、俳優や女優の家族は、常に個人情報を漏らされるリスクと戦っています。

家族で出かけた遊園地やレストランで写真を撮られるかもしれませんし、近所の人が住所の情報を書き込んでしまうかもしれません。

できる限り家族の個人情報を守るために

・公共交通機関を使わず車で移動する
・オートロックや管理人付きのセキュリティーのしっかりしたマンションに住む
・子どもは通学バスのある私立の学校に通わせる

などの対策が求められます。

多くの芸能人が家族のために頭を悩ませているのが現実です。