俳優・女優の覚悟

将来の保障はゼロ

俳優や女優とは、いわゆる「芸能人」や「有名人」と呼ばれている人たちです。

テレビや映画に出て、流行のファッションを身にまとって、芸能人どうしで仲良くして、仕事で日本全国あるいは世界中を飛び回って…と華やかな世界で生きているように見えますが、やはり厳しい現実もあります。

まず一番に覚悟しなければいけないのは、将来性の不確かさや生活の不安定さでしょう。

たくさんのドラマや映画に引っ張りだこの女優でも、今人気があるからといって来年も人気があるとは限りません。

「もう見飽きてしまった」「あんまり演技うまくないね」「他の新人女優のほうが魅力的」などと言われて、あっという間にスクリーンから姿を消してしまうこともあるのです。

仕事がなくなるということは、収入がなくなるということに直結します。

華やかな生活ができていたころに生活レベルをあげてしまっていると、高い家賃が払えない、ヘアメイクやネイルを維持することもできない、食費にかけるお金もないという状況に陥りかねません。

たとえどんなに売れっ子になっても、来年の仕事が保障されているわけではないというリスクを常に抱えていく覚悟がなければ、この業界でやっていくことは難しいでしょう。

プライベートを暴かれるつらさ

俳優や女優として人気が出れば出るほどに、私生活の面でも注目を集めることになります。どんな親に育てられたのか、兄弟姉妹は何をしているのか、どんな学校を出てどんな特技があるのか。

ファンはもちろんのこと、週刊誌や芸能番組の記者にも詳しく調べ上げる人が出てきます。

なかには、「学生のころは地味だった」「美容整形手術をしている」「家族が不仲で金銭トラブルを抱えている」など、他人には知られたくなかった情報を大々的に公開されてしまうこともあるでしょう。

俳優や女優は、プライベートを暴かれることを嫌悪する人にとっては、相当な覚悟を要する職業ともいえるでしょう。