配管工の仕事内容・種類

ガスや水道などの配管を組み立てる

配管工は主に建築物における給水管・排水管・ガス管や、空調設備・衛生設備などの配管をすることが仕事です。

配管の材料はあらかじめ工場で製造されたものを使いますので、現場で何かをつくるといったものではありません。

しかしながら、直線の管のみならず、中継する部分やさまざまな角度で曲げることもありますし、中を流れる水やガスが漏れないように定められた施工をしなければなりませんので、一定の技能が必要とされます。

とくにこれらの配管は、建築物が仕上がった際に隠れる位置に設置されることがほとんどですので、狭い場所での作業となることがほとんどです。

そのため、配管工にはある程度の器用さも求められます。

洗面台やエアコンなどの機器を取り付ける

配管工というだけあって配管ばかりをするイメージがありますが、実は洗面化粧台やトイレなどの衛生機器や、エアコンの室内外機などの空調機器も取付けます。

これらはそのまま仕上がりになるものですし、鏡がついていたり陶器などでできていて割れやすいものも多いので、慎重な取扱いが求められます。

また、最近では輸入された機器を取り付けたりすることもありますので、施工説明書や取扱説明書が英語で苦労するといったこともあります。

機器は配管の接続や取付けばかりでなく、ガタツキがないように水平・垂直を調整したりと細かい仕事が多いのが特徴です。

修理などのメンテナンスを行う

配管工はつくるだけが仕事ではなく、メンテナンスや修理も行います。

とくに修理の方が多いのですが、たとえば「蛇口から水が出てこない」とか「排水が詰まった」とか、そういったものが多くを占めます。

これらの仕事は呼ばれたらすぐに対応することが求められますので、相応の経験や技能が必要とされます。

とくに、長期の休み(ゴールデンウィークやお盆、正月等)でこういうことが起こった場合にはお客さまも困りますので、これに備える体制を作っておく会社もあります。

配管を任されるのは経験を積んでから

配管作業は少しでもずれが生じると漏れなどの大事故につながる非常に繊細なものです。

取り付け後にパイプ内の物質が漏れるようなことがあっては決してなりません。そのため、配管工は細心の注意を払って作業に徹しています。

技術と経験が必要となるため、配管作業はある程度のベテランが担当することになります。この際、新人の配管工は補助的な作業を担当しながら、先輩の動きを見て学んでいきます。

その一方で掘削や埋め込みなどは新人、ベテラン問わず、全作業員で行っていきます。こういった側面から考えると新人とベテランの役割がはっきりした職業であるといえるでしょう。

頭脳的な側面も

配管工の仕事は肉体労働というイメージがあるかもしれません。

たしかに掘削作業や配管後の埋め込み作業は非常に骨が折れ、ベテランであっても終了後の疲労感は筆舌に尽くしがたいものであるといいます。

しかし、その一方で配管作業は頭を使って考えることも多いものです。複雑な形状の配管を収まりよく取り付けるためには事前の準備のみならず現場での判断も大いに必要とされます。

このように配管工は体力や腕力が必要なのはもちろんですが、頭脳派の側面もあるのです。

掘削や運搬は機械と人力の併用

配管工の扱う配管はたとえば水道管の場合、鋳鉄製のものが多く、1本の長さが4〜5m、重さ80〜100kg程度のものが主体になります。

したがってこれらの運搬にはダンプトラックや重機と人力の併用で運搬することになります。

また掘削の際も建設機械で広い範囲を賄い、細かな部分や機械の入れない箇所などを人の手で掘っていきます。

このように、配管作業に機械の力は必須であるため、必要な免許をおって取得していくことになるでしょう。

またダンプや重機の扱いを得意とする女性配管工の活躍も最近目立ってきています。