配管工への転職

新卒者との差はほぼない

配管工の求人には新卒採用と社会人採用との区別はほとんどありません。

実際に現場に入ってからも経験がものをいう業界であるため、場合によっては自分より年少の先輩から指導を受けることもあるでしょう。

純粋に経験に裏打ちされた知識や技術が物をいう世界であるため、転職者は初心にかえる覚悟で職務にあたることが大切です。

逆にいえばやる気と努力次第でどんどんスキルアップしていける職種であるともいえるため、前向きな気持ちさえあれば遅咲きのスタートであっても大いに活躍することができるのが魅力の職業であるといえるでしょう。

未経験でも大丈夫

配管工は社会人経験の有無に関わらず、経験を問わない会社が多いため、まったくの別職種からの転職を考えている人にとっても応募しやすいと考えていいでしょう。

一人前になるまで長い目で育てようという会社が多いため、安心して働くことができるはずです。

しかしその反面で年齢の上限が定められている求人もあるため、転職の決断はなるべく早い方が多くの選択肢の中から就職先をみつけることができるといえます。

関連資格を持っていると優遇される

たとえば、前職がガス関連の会社勤務であった場合、監督資格を保有していれば採用の際に優遇される場合があります。

配管作業は未経験であってもガスの配管を手がける際に戦力になると判断されるためです。

その他、ゼネコンなどで指導的立場に立っていた経験があったり、各種施工管理の資格を持っていたりする人も経験者に近い扱いで採用される可能性があります。

人と接する仕事であるということ

配管会社に転職を希望する人の多くは他職種であっても、たとえば自動車の整備工や大工など体を動かす仕事に就いていた人が多い傾向にありますが、人と接する要素も多分に含むことも忘れてはいけません。

配管工の行う水道工事の際の掘削や、ガス給湯器の取り付けなどの作業は人々の生活に極めて近いものです。

そのため、作業前に依頼主の希望に真摯に耳を傾け、作業後に丁寧に状況報告を行うことが必須です。また現場で一緒になる他の職人とのコミュニケーションも欠かせません。

こういった面を理解した上で、人と接する仕事がしたいという動機で志願してくる人材を求める企業は多いでしょう。

その思いを経験や資格を不問としてでも重視する会社が多いのが配管業界の大きな特徴です。