配管工の未経験採用は?

応募条件はほとんどない

配管工の求人はインターネットや雑誌・新聞等で比較的簡単に見つけることができます。

しかもそのほとんどが経験や学歴、資格の有無を問わないため、就職活動がしやすい職種であると考えてよいでしょう。

ただし経験者や有資格者は採用の際に優遇されるため、面接等で競合した場合、未経験者が不利になることもあることは心得ておく必要があります。

とはいっても求人は豊富であるため、根気強く活動を続ければいずれは就職が決まるはずです。

現在現場で活躍している配管工も皆、未経験からスタートしてスキルを向上させています。やる気と情熱で大きな飛躍が期待できる職種であるといえるでしょう。

年齢制限があることも

配管工が門戸の広い職業であることは前述の通りですが、求人の中には年齢の上限を定めている会社も多く見られます。

これは長期雇用した上で確かなキャリアを形成するという狙いから設定されており、会社によってまちまちですが大体35歳前後を上限としている求人が多いようです。

もちろん経験者の場合はこの限りではなく、場合によっては相談に応じてくれることもあるため、まずは直接問い合わせてみることをおすすめします。

面倒見の良さが自慢

配管工の仕事が未経験者歓迎を謳っていることが多いのは前述の通りですが、その言葉の真意は入職後すぐに知ることになるはずです。

というのも、配管工事を手がける会社は面倒見の良さを売りにしているところがとても多いのです。

教育を担当するベテラン工も始めは未経験からスタートしたという経緯から新人に対する指導も細やかさと丁寧さを心掛けている場合が多いため、非常に働きやすい環境が多いということができます。

また、配管作業は高度な技術が必要であるため、新人が担当するのは先のことになりますが掘削や配管後の埋め込み、資材の運搬などは即戦力として使ってもらえます。

始めはできることだけを任され、段階を追って技術指導が受けられるという点で、新人とベテランとの棲み分けがはっきりとしているのも働きやすさの一因であるということができます。

このように長い目で新人を育てようという会社が多いということが前述のような年齢制限を設定することにつながっています。

資格取得を応援してくれる会社多数

配管工の関連資格を取得するための費用を負担してくれる会社が多いのも特筆すべき点です。

試験日はもちろん、研修等による休暇も認めてくれるため、スキルアップに大変協力的であるといえます。

無事に資格が取得できれば任される仕事も増え、給与もアップするため高いモチベーションで勤務することができるでしょう。