配管工の1日

配管工の一日の流れ

ここではある配管工の1日の流れをご紹介します。

5:00 自宅を出発

出勤時間は現場によって違いますが、渋滞や駐車場の満車を避けるために早朝に出発することが多いです。

7:00 現場到着

大体、朝礼の1時間以上前に現場に着くため、仮眠をとったり、朝食をとったりして過ごします。

8:00 現場準備

使用する資材や機器などを車から降ろし、現場に準備します。軽く清掃を行うこともあります。

8:30 朝礼・ラジオ体操

朝礼を行い、一日の流れや注意事項を確認します。

他社の職人と共に作業を進めることもあるため、行き違いのないように念入りに情報共有に努めます。また、大規模工事の場合は他職種の職人が現場に入っていることもあるため、立ち入り禁止区域等も確認します。

9:00 作業開始

まずは現場の掘削から始まります。

深さや広さは工事の規模によってまちまちですが、道路等の配管工事の場合はかなりの重労働になります。

10:30 休憩(15分間)

長時間の作業は集中力を奪い、重篤な事故の原因にもなります。15分ほどの小休憩をはさみ、給水や軽食をとります。

12:00 昼食(1時間)

持参した弁当を食べたり近所の飲食店に出かけたりなどして昼食をとります。仮眠をとって午後の作業に備える様子も見られます。

13:00 作業再開

午前中の作業の続きを行います。掘削が終わり次第、工場で加工してきた資材の組み立て、取り付けを行います。事前に採寸してあるとはいえ、微調整が必要になることが多いため、必要な機材は常に用意しておきます。

15:00 休憩(15分間)

午前中同様、小休憩をとり集中力を高めます。

17:00 作業終了・片付け

作業を終え、片付けを行います。次の日に作業が再開しやすいようにきちんと整理整頓をすることが必須です。

17:30 終礼・現場出発

終礼では一日の反省や怪我人の報告などを行い、次の日以降の改善を促します。

18:30 帰社・退勤

会社に着いたら、次の日の準備を行い、退勤となります。

年度末は繁忙期

年度末には工事の発注が多くなり、短納期の工事も多数舞い込んでくるため、この時期だけは残業も少なくありません。

基本的には次の日も作業があるため、疲れを残さないために定刻で退勤できるのが一般的ですがこの時期だけはそうもいかないのが現状です。

とくに年度末や年末は新規取り付けだけでなく、メンテナンスの依頼も増え、場合によっては複数の現場をはしごすることもあるようです。