行政書士の役割

国民の権利保護と行政手続きの効率化をサポート

行政書士とは、他人からの依頼を受けて、官公署に提出する書類の作成と提出、手続の代理、権利義務や事実証明、契約書の作成等を行い、報酬を得る国家資格者をいいます。

作成する書類の例としては、会社等法人設立、建設・宅建・工場設置関係、風俗・食品衛生、税申告、国籍・戸籍、道路交通運送・車両登録、防火・危険物取り扱い等があげられます。

非常に幅広い種類の書類を扱いますが、まだまだ未開拓の分野があるともいわれています。

行政書士は、書類作成を主業務とすることから、「代書屋」といわれます。

行政書士は書類作成のプロとして、一般人にとっては複雑に思われるような資料を正確かつ迅速に作成します。

このことによって、国民の権利を守り、また行政機関にとっても正確に記載された書類の提出によって行政手続きの効率化が図られるという役割を担っています。

街の身近な法律家

最近では依頼された書類作成の業務から、より顧客の問題に深く関わりサポートするコンサルティングを行う行政書士も登場してきています。

行政書士は、弁護士のように代理人となって訴訟などを行うことはできません。

ですが、たとえば許認可に必要となる情報は何なのか、どのようにすれば許認可がおりるのかなどを顧客に寄り添いじっくり話しながら進めていく街の身近な法律家となります。

行政書士に期待される役割

法律家には、弁護士や司法書士などさまざまありますが、それぞれ独占業務があり、役割は異なります。

もちろん会社の設立業務においても他の法律家と連携しなければできないことも多く、顧客の問題解決へむけてワンストップサービスを行える体制づくりは欠かせないでしょう。

行政書士業務の将来として注目されている業務の一つに、ADR(裁判外紛争解決手段)があります。裁判になる前の当事者の話し合いによって事件を解決しようとするものです。

裁判になると当事者には時間も費用も大きく負担となるため、裁判になる前に未然に事件を解決することが必要になります。

このADRを行政書士が行えるように行政手続きADRの法制化が期待されています。

その他、近年のグローバル化が進む中で多くの外国人が日本を訪れています。

外国人の入国手続きの手続代理業務や在留関連の国際業務が増加しつつあり、それらの分野でも行政書士のサポートが求められています。