行政書士の仕事内容

行政書士の仕事とは

行政書士の仕事内容は、個人や会社をはじめとする法人など、さまざまな顧客からの依頼を受けて、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成や申請を代行することです。

そのため、「代書屋」と呼ばれることもありますが、業務範囲は、単純な書類作成業務から複雑なコンサルティング業務まで幅広く、活躍の場も多岐にわたります。

また、行政書士が作成する書類の多くは「許可認可(許認可)」等に関するものであり、その数は1万種類を超えるともいわれます。

たとえば、以下に関わる書類が挙げられます。

・会社設立時の手続き
・飲食店などの開業手続き
・内容証明郵便
・相続手続き
・自動車関連の手続き
・産業廃棄物許可関連手続き

行政書士の役割

人々が日常生活を送るなかで、また法人を運営する場合に、官公署へ提出しなければならない書類は多数存在します。

しかし、専門知識を持たない人が実際にそれらの書類を作成しようとすると、複雑な内容であったり、煩雑な手続きのために、対応するのが難しいというケースも多くあります。

そのような状況に対して、行政書士は「行政書士法」に基づく国家資格保持者として専門的な法的知識を持ち、それらの複雑な事務処理を滞りなく行うという重要な役割を担っています。

デスクワークだけでなく外出業務も多い

行政書士の仕事では書類作成業務が多くを占めることから、仕事のスタイルも、事務所内でのデスクワークをイメージされることが多いようです。

しかしながら、実際の業務を進めるにあたっては、顧客とのミーティングや書類の提出など、外出業務が非常に多くなります。

行政書士によっては、自分の得意分野に特化したサービスを提供している人もいます。

行政書士の仕事の流れ

行政書士の仕事の流れとしては、まず顧客から相談を受け、作成する書類についての打ち合わせを行います。

その内容に基づき、書類を作成するための各種資料の収集を行い、官公署へ提出する資料を作成し、提出します。

書類の提出にはたいてい期限が定められており、顧客の希望するスケジュールによっては急ぎで対応しなければならないケースも多く、多忙を極めることも珍しくありません。

提出した書類に対して、官公署より許認可等を受けると、顧客への連絡や対応をします。

行政書士としての働き方

行政書士としての働き方は、おもに行政書士事務所に勤務する人と、独立・開業する人の2パターンに分かれます。

事務所に勤務する場合は、勤務先によって業務内容が異なる場合も多く、また給与や福利厚生面といった待遇も異なります。

将来、独立・開業を考えている場合でも、まずは事務所勤務でさまざまな経験を積みながら自分の専門領域を見つけたり、他の法律家との信頼関係を築いたりしている人も多くみられます。

ただし、行政書士事務所は小規模のところが多いため、資格を取得したばかりの実務未経験者が正社員の求人を見つけることは簡単ではありません。

また、行政書士の資格のほかに「司法書士」や「社会保険労務士」などの資格を取得し、取り扱える業務範囲を広げて事務所を開業する人もいます。

司法書士の仕事
社会保険労務士の仕事