行政書士の資格

行政書士の資格

行政書士として仕事をするには、行政書士の資格が必要になります。

業務自体は、資格を持っていなくても行政書士の補助者として行うことができますが、法律の勉強、さらに基本的なパソコン操作が必要となります。

行政書士の資格は国家資格です。毎年一回、11月に試験が開催され、全国各地でたくさんの人が受験します。

行政書士の資格を取得するために法学部系の大学に進学する人もいますし、法学部でない人は資格系の専門学校に行ったり、通信教育を利用したりすることが多いようです。

行政書士の資格を取得するには

行政書士の資格を取得するには、国家試験をクリアするか、弁護士、弁理士、税理士、公認会計士のいずれかの資格を取るか、公務員として行政事務の経験が20年以上ある場合に取得することができます。

いずれにしても幅広い知識が問われるので、しっかりと計画を立てて勉強をする必要があります。

忙しくてスクールに通えない、勉強時間があまり確保できない方は、通信教育で効率良く勉強することが大切になります。

特にクレアールの通信講座は、限られた短時間で行政書士に合格するための「非常識合格法」が好評で、合格実績も豊富であるため、短期で合格を目指す人におすすめになっています。

行政書士に関係する資格

行政書士に関係する資格として、社会保険労務士があげられます。労使間の問題についても取り扱うことがあるため、進んで資格取得をする人もいます。

社会保険労務士の仕事

行政書士の関わる業界はとても広いので、それぞれの業界に関連した資格を取得する人も多いようです。

たとえば、住宅や不動産関連の仕事を扱う機会が多い人は、宅建などを取る人もいます。業務範囲が広いからこそ、いろいろな資格が関わってきます。

宅地建物取引主任者の仕事

さまざまな業界に好奇心を持って、資格取得をすることは、行政書士として働く場合にも役に立つはずです。