行政書士の需要

安定した需要が望める

行政書士の大きな役割は、官公署に向けた書類の作成や申請代行をすることです。

現在、行政書士が扱う書類の数は1万種以上にものぼるといわれています。

最近では、官公署でも手続きが電子化、簡素化されるなどの一面はありますが、官公署向けの書類はいずれも法に関わる重要なものばかりであり、今後それが劇的に減るとは考えにくいです。

それらの専門知識を持ち、その知識を生かして仕事をする行政書士の需要は安定しているといえるでしょう。

行政書士の人数は増えている

行政書士は「司法書士」や「弁護士」といった他の士業系よりも、資格取得者数が多いといわれています。

その大きな理由のひとつが、行政書士には国家試験の受験資格がとくに定められていないため、誰でもチャレンジしやすいということが挙げられます。

また、試験自体の難易度も弁護士などと比べれば多少易しめとされており、こうしたことから行政書士の人数は時代とともに増えています。

こうしたなか、最近では「稼げる行政書士」と「稼げない行政書士」の二極化が強まっているという声も聞かれるため、仕事の仕方はよく考えておくことが重要だといえそうです。

稼げる行政書士になるには

行政書士の需要は確かにありますが、それでも行政書士の人数が多くなっている現在では、他の人にない価値を高めていく努力が欠かせません。

多岐にわたる分野の書類作成に携わる行政書士の仕事は、他の士業とも相性がよいといわれています。

成功している行政書士の多くは「司法書士」「宅地建物取引士」「ファイナンシャルプランナー(FP)」などとダブルライセンスを取得し、工夫をこらしながら業務範囲を広げているようです。

また、専門分野を持ち、「この分野なら実績が豊富、さまざまなケースに対応できる」というアピールポイントを打ち出すことができれば、それも顧客の信頼につながっていくでしょう。