行政書士と社労士の違い

社労士の仕事とは?

社労士、正式名称「社会保険労務士」は、雇用保険や健康保険、厚生年金といった社会保険や、労働に関する法律の専門家です。

これらの法律は多岐にわたるうえに複雑であるため、社会保険労務士は企業が法律にのっとって雇用を適切に管理できるようサポートしたり、年金や労働に関するコンサルティングを行います。

また、労働社会保険関係の書類作成や申請、給付といった手続きの代行業務も担当しています。

しかし、仕事内容は単に労務関係の手続きを行うだけではなく、その大きな使命は「企業と従業員のために労働環境を改善すること」とされています。

社会保険労務士の仕事内容

行政書士は行政書類に関わるスペシャリスト

一方、行政書士は、さまざまな行政書類に関する知識を持ち、それを作成するスペシャリストとして活躍します。

行政書類は1万種類以上もあるといわれており、行政書士は顧客の依頼を受けて正しく書類を作成し、申請の代行を行います。

また、さまざまな法律に関するコンサルティングも行います。

労務関係に特化する社労士

社労士も行政書士も、おもな業務は法律に基づいた書類作成や提出手続きとなります。

しかし、社労士が専門的に扱うのは「保険、年金、労務管理」といった分野であり、行政書士の場合は「各種許可申請」です。

また、資格の特性にも違いがあります。

社労士の場合は、企業に勤めることも独立開業することも可能ですが、行政書士は独立開業型となっており、法律事務所を除いた一般企業で「行政書士」として仕事を行うことはできません。

そのため、行政書士は自分で事務所を立ち上げるか、どこかの法律事務所に勤務することになります。

独立を目指す場合、両方の資格を取得して、扱える業務の幅を広げようとする人も多いようです。