アルバイトの行政書士

独立・開業準備のためにアルバイトをする

行政書士の働き方は、行政書士事務所やその他の法律事務所などに勤務するケースと、自分で独立・開業するケースの2通りに大きく分けられます。

経験や実績が重視される世界であるため、行政書士試験に合格しても正社員としての就職が難しかったり、開業してもなかなか顧客がつかないということも珍しくありません。

そのため、将来の独立・開業を見据えて、まずはアルバイトとして行政書士事務所などで数年の実務経験を積んで実績を作ったり、法律家の先輩方との関係構築に励む若手行政書士も多くいるようです。

行政書士事務所の募集はアルバイト・パートが多い

一般的に、行政書士事務所は個人経営の小さな事務所が中心です。

そのため、各事務所の求人情報を見てみると、正社員としての募集は非常に限られています。

また、経験や実績が重視される傾向が強く、経験があまりない人の場合には、パートやアルバイトの募集も検討したほうがよいでしょう。

パートやアルバイトの場合は、行政書士の資格保持者のほか、資格取得を目指して勉強中の人でも応募できるものもあります。

時給は、地域にもよりますが900円から1,000円前後からスタートすることが多く、行政書士だからといって特別に高給が望めるわけでもないようです。

仕事と家庭のバランスはとりやすい

行政書士業務は官公署と関わることが多いため、行政書士事務所でも、官公署の開庁時間や休日に合わせて勤務日が設定されていることが多いようです。

勤務先によって多少異なりますが、「残業が少なめ」「土日祝日休み」「長期休暇が取得可能」など、ワークライフバランスはとりやすいといえるでしょう。

たとえば専業主婦で資格を取得し、手が空いている時間だけ行政書士業務に携わりたいといった希望から、アルバイトやパートで働く人もいます。

副業としての行政書士

一般企業などに勤めている人でも、「行政書士の資格を取得して、いつかは独立開業を」と考えることがあるようです。

しかし、成功するかは未知数であるため、まずは副業としてアルバイトで行政書士として活動する人もいます。

勤務している企業に副業禁止規定がなければ、副業すること自体は可能です。

しかし、実際には副業として行政書士業務を完璧に行うのは、時間的な制約などから難しい面もあるようです。