グランドスタッフの現状と将来性

人気が高いが、雇用環境は不安定な面も

ひと昔前のグランドスタッフは、航空会社本社で採用され、正社員として働く人が大半でした。しかし現在では航空会社が関連グループ会社に業務委託をしており、その会社に就職するケースがほとんどです。

グループ会社に勤める場合、給与は本社採用に比べるとかなり安かったり、福利厚生の充実度も低い場合が多いです。それでもグランドスタッフの人気は依然として高く、狭き門です。

また、客室乗務員(CA)を目指す学生が、「どうしても航空業界で働きたい!」という思いからグランドスタッフの採用試験を併願するケースも多いため、採用倍率はかなり高くなっていきます。

近年の日本では、「LCC」という格安航空会社の参入などにより、航空会社間の競争がますます激しくなっています。

どの企業も人件費削減のために採用人数を減らす傾向にあり、今後はさらに正社員よりも契約社員をより多く採用するような方向になるかもしれません。

時代の変化、厳しい競争の中でグランドスタッフに求められること

グランドスタッフにとって重要な業務の一つといえるのが、チェックインカウンター業務。

しかし、現代はIT化が進み、多くの航空会社・空港でインターネット予約サービスや、航空券発券の必要のないeチケット、自動チェックイン機などが導入されています。

そういった点だけで見ると、チェックイン業務におけるグランドスタッフの必要性は以前に比べれば低下しているともいえます。

とはいえ、いくらIT化が進もうとも、お客さまに心のこもった接客ができるのは「人」でしかありません。

サービスによる他社との差別化がますます求められる中、常に最前線でお客さまに接するグランドスタッフに期待されることも変わってくるでしょう。

この先は、たとえばお客さまを獲得するための新しいキャンペーン方法を考えたり、お客さまを惹きつけるようなサービス・商品などの企画提案をしていくことが、グランドスタッフにもより求められるようになるかもしれません。

仕事体験談