グランドスタッフに向いている人、適性

時間に正確であること

グランドスタッフにまず求められる能力は、常に時間に正確であり、タイムマネジメントがしっかりとできることです。

航空機は時間通りに出発させることが非常に重要です。もし1機の出発が遅れれば、前後の航空機すべてに影響を及ぼしてしまいます。「5分くらいいいや」と、軽い気持ちになるわけにはいかないのです。

航空会社ではさまざまな部署の人たちが協力し、時間通りに航空機を出発させますが、その中でグランドスタッフは、お客さまを定刻通りに搭乗させるために奔走しています。

ですから、時間にルーズではなく限られた時間内で上手に時間を使える人や、日常生活でも時間に余裕をもって行動できる人がグランドスタッフに向いています。

タイムマネジメントは普段から訓練することができますので、普段から「時間を守る」クセをつけておきましょう。

体力と忍耐力があること

グランドスタッフの勤務体制は不規則で、ほとんどが立ち仕事です。仕事中は優雅に動いているように見えますが、空港中をヒールで歩き回るのはとても大変。

出発時間が迫っていれば、お客さまの見えないところで猛ダッシュ!ということもあります。

また、ときにはお客さまから理不尽なクレームを受けることもあります。そんな場合でも、お客さまの前でつまらなさそうな顔をしたり、いじけた顔をすることは許されません。

仕事である以上プロ意識を持って、どんなに疲れていても、何を言われても忍耐強く対応しなければならないのです。

グランドスタッフは体力、フットワークの軽さ、そして忍耐力が必要な仕事です。

これらを学生のうちから完璧に備えているのは難しいかもしれませんが、ちょっとしたことではへこたれないくらい心の強い人であることが望ましいです。

チームワークを大事にして、臨機応変にトラブルに対処する力

飛行機が出発するまでは何が起こるかわかりません。とっさの判断力や、臨機応変な対応が必要とされる場面も多々発生します。

何かトラブルが起こったときには、他部署との連携がとても重要になります。

そのため、目の前のことだけに夢中で周りが見えなくなってしまうという人よりも、いつも周囲の状況がきちんと見える人や、チームワークを大切にできる人に向いている仕事といえるでしょう。

思いやりを持った接客ができる

お客さまは空港に到着すると、最初にチェックインを行うことが多いです。

そのため、カウンターで対応するグランドスタッフには、どのようなお客さまにも平等でムラのないサービスができ、お客さまと確実なコミュニケーションをする能力が求められます。

外国のお客さまに対しては英語が必要不可欠ですが、第二外国語のスキル(とくに中国語や韓国語)があるとより活躍しやすいでしょう。

しかし、語学力以上に求められるのはいつも笑顔で明るく、きれいで正しい言葉遣いができること。また、常にお客さまの立場で物事を考えていくことも必須です。

人が大好きで会話をすることが好きな人や、年齢を超えて誰とでも親しくなれる人、相手のために親身になれるような奉仕の心が備わっている人などが向いています。

そうした能力を磨くために、学生時代から何かのボランティアに携わるのもいいかもしれません。

仕事体験談