グランドスタッフの志望動機・面接

キャビンアテンダントとの併願が多い

グランドスタッフの採用試験受験者の中には、グランドスタッフが第一希望でない人もいます。

たとえば「第一希望は客室乗務員(CA)だけれど、非常に倍率が高く合格できるとは限らない。何とかして航空会社に入るとっかかりを作りたい、またはどうしても航空業界で働きたい」という気持ちで、グランドスタッフの採用試験を受ける人もいるのです。

グランドスタッフを第一志望とする人だけで考えても採用倍率も決して低くはないのですが、そのうえで併願受験者が多いということは、より多くのライバルの中で抜きんでたものがなければ、合格は難しいということ。

漠然とした憧れの気持ちだけではなく、きちんとした対策をして採用試験に臨む必要があるといえます。

志望動機の重要性

グランドスタッフの採用試験では、まず書類選考が行われ、その通過者は筆記試験や面接(複数回)に進むという流れが一般的です。

書類を書くにしても、面接に臨むにしても、「グランドスタッフになりたい」という気持ちを表す志望動機は、必ず準備しておかなければなりません。

「航空業界で働きたい」「人と接する仕事に就きたい」そんな気持ちでグランドスタッフを目指す人は多いことでしょう。ではなぜ、客室乗務員ではなく、グランドスタッフなのでしょう?

このような質問にあなたはどう答えますか。ありきたりの答えでは面接官の印象には残りません。

ノウハウ本に頼らず、自分の言葉で伝える

グランドスタッフのための面接応対ノウハウ本などがありますが、あてにしすぎない方がよいでしょう。他の受験者も同様の本を見ていることが多いため、内容が似通ってしまうからです。

数多くの受験生を面接する面接官から見れば、「また同じか」と思われてしまうかもしれませんし、いくら優等生のような発言をしたところで、「マニュアル通り」とマイナスの印象を与えてしまう可能性すらあります。

大事なのは、グランドスタッフになりたいその熱い思いを自分の言葉で表現することです。

他の受験者と同じような通り一遍の返答をしないようにし、時間をかけてじっくり自分のグランドスタッフになりたい気持ちを探し出すことが必要です。

「自分の言葉で表現する」というのは言うほど簡単ではないことかもしれませんが、グランドスタッフを目指そうと思ったきっかけがきっとあるはずです。

なぜグランドスタッフに思ったのか、別の仕事ではそれは実現できないのか、どんなグランドスタッフになりたいのかなどを突き詰めて考えていけば、他の受験者とはひと味違ったオリジナルな言葉が出てくることでしょう。

仕事体験談