グランドスタッフの悩み

友人や恋人と休みや生活時間が合わない

グランドスタッフは、営業職や事務職などのいわゆるオフィスワーカーの生活とはだいぶ異なります。

まずは勤務時間。グランドスタッフの場合、朝は5時ごろから、夜は最終便が到着する24時くらいまで交代制で働いており、日によって早番だったり遅番だったりと出勤時間も異なります。

また、休日に関してもそうです。飛行機は平日だろうと土日祝日だろうと関係なく飛びますから、空港で働くグランドスタッフも週末が必ず休みになるわけではありません。

週休2日程度の休みはあるものの、平日が休みになることも多いです。

こういった不規則な勤務スタイルであるため、友人や恋人と会う時間をとりたいといった場合、なかなかお互いのスケジュールが合わせにくいのが悩みになります。

自由にオシャレができないことも

空港や航空会社の「顔」であるグランドスタッフは、いつもきちんとした身なりでお客さまの前に立たなければなりません。

勤務先ごとに制服や身だしなみの規定があり、ヘアカラーや指輪やピアスなどのアクセサリー、ネイル等に対しても細かく決められているケースが多いです。

基本的に、あまりに華美な身だしなみはNGとされます。

もちろんプライベートのときであれば好きな服装や髪型をするのはOKですが、出勤時にまで差支えのあるヘアカラーや奇抜なネイルをすることは難しいため、人によっては自由度が少ないと感じるかもしれません。

お給料が安く、貯金がしづらい

グランドスタッフは体力も精神力も必要とされる大変な仕事ですが、その分お給料がとても良いかというと、残念ながらそうともいえません。

現在、グランドスタッフは正社員採用も減少傾向にありますし、同じくらいの年齢で正社員としてオフィスワークをする人よりも年収が低いというケースは少なくありません。

一方では、グランドスタッフは人から見られる仕事であるため、「常に美を保っていなければならない」という面もあります。

決して多くないお給料の中から化粧品代やエステ代などを捻出していくため、手元に貯金できるお金がほとんど残らないのが悩みという人もいます。

キャリアを積んで派遣社員から正社員にステップアップしたり、昇進したりすれば少しずつお給料は増えていきますが、残念ながらそこにたどり着く前に入社1〜2年で辞めてしまう人もいるのが実情です。

仕事体験談