グラフィックデザイナーへの転職

グラフィック以外のデザイナーからの転職

Webデザイナー、プロダクトデザイナー、ファッションデザイナーなどから、畑違いのグラフィックデザイナーへの転職を希望する人も稀に見られます。

デザインの知識や基礎的なスキルは持っている人材ということで、転職は比較的スムーズにできるでしょう。

前職よりもさらに美的センスや格好良さ、面白さが求められるのが広告ならではのデザインなので、転職後もそのスキルを磨き続ける必要があります。

しかしもっとも不況の煽りを受けやすいのが広告の世界なので、そのあたりも覚悟して転職をすることが必要です。

異業種からの転職

これまで広告業界やデザイン職に携わっていなかった人がグラフィックデザイナーを目指すためには、専門学校のグラフィックデザイン科などで学び直すのが最短といえるかもしれません。

学校に入らず、未経験でアシスタントから始める手もありますが、第2新卒ならまだしも、社会人として数年間の経験を積んだ人にとってはアシスタント職ではやりがいを感じられない恐れがあります。

その点、専門学校なら2年間でグラフィックデザイナーに特化したスキルを習得でき、夜間コースがある学校も多く働きながら学ぶ方法も選べるため、社会人にはおすすめだといえるでしょう。

同業種間の転職

実力主義の広告業界では、会社側は常により能力のある人材を求めています。

そのため転職を繰り返すことは、1つの会社の在籍期間が短かすぎない限りさほど悪い印象ではなく、むしろ向上心の表れだと捉える会社も多いようです。

グラフィックデザイナーの側から見ても、この不況下で1つの会社にい続けても給料の大幅アップは見込めず、それよりはもっと自分を高く評価してくれる会社へ転職する方が賢い選択だといえるでしょう。

もちろん、実力と経験が備わっていることが転職成功の必須条件。うまくいけば、高卒で小規模のデザイン事務所に入社し、転職を繰り返して大手広告代理店に入社することも可能です。

大手広告代理店は新卒の採用条件に大学卒を掲げているところがほとんどですが、中途採用の場合は学歴よりも実力で評価されるため、このようなケースが見られるのです。

仕事体験談