グラフィックデザイナーの就職の状況

専門学校卒業生の就職の状況

あるグラフィックデザイン専門学校が公開している就職状況のデータは、

・求人企業数:約270社
・求人者数:約790人
・一人当たりの求人数:9.8社
・就職率:84%
・平均初任給:約18万5000円

となっており、一人当たりの求人数や就職率が比較的高めであることが特長です。また、別の専門学校では90%以上の就職率を誇っているところもあります。

この就職率の高さは、もともとグラフィックデザイナーを目指す人が入学する専門学校であり、進路がはっきりしていることが第一の要因です。

また、学校側も広告業界各社と太いつながりを持ち、生徒の就職活動を強力にサポートしています。学校を選ぶ時にはこのサポート体制がいかに整っているかに重点を置くことが肝心です。

美術大学卒業生の就職の状況

ある美術大学が公開しているグラフィックデザイン課の就職状況のデータでは、就職率は80%前後。

就職先は広告制作プロダクションやWebデザイン事務所などの制作に特化した企業が最も多く、その他は出版社や企業の宣伝部・企画部などとなっています。

専門学校と比べると一見、就職率が低いように感じますが、就職せずにフリーランスとして活動する人や、すぐに就職せずに制作活動に入る人もいることがその一因になっているようです。

新卒で大手広告代理店への就職を目指す場合、大学卒は必須条件になっている企業が多いため、最終学歴の確保と知識やスキルの取得のために美術大学を卒業することはおすすめです。

景気低迷の影響を受けやすい業界

どんな業界・職業であっても少なからず景気に左右されるものですが、広告業界はとくに景気の影響を受けやすい業界といわざるを得ません。

景気が低迷し商品が売れなくなると、メーカーは最初に宣伝広告費を削ります。この影響を受け、グラフィックデザイナーの給料は低くなる傾向に。

さらに、勤務時間が長い、人の入れ替わりが激しいなどの労働条件の悪化が生じることも多く見受けられます。

仕事体験談