グラフィックデザイナーの種類

グラフィックデザイナーの専門性

IllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフトを用い、主に平面でデザインを制作するのがグラフィックデザイナーの仕事です。

メディアがどんどん多様化する現代。

グラフィックデザインの種類は広告、セールスプロモーションツール、商品パッケージ、ロゴマークなどに分類され、その中でも多種多様に細分化されています。

他にも不動産や教育、福祉、医療など、制作物が露出する環境が特殊である場合、その業界ならではのデザインルールや進行方法を熟知した専門のデザイナーに依頼することがほとんどです。

グラフィックデザインの種類と特長

広告

雑誌や新聞などの出版物、駅や電車の中に貼られるポスター、街中の看板などは、専門の媒体社から広告スペースを買って出稿するタイプの「王道の広告」の仲間だといえるでしょう。

媒体社とは大手広告代理店が太いパイプを持っていることがほとんどであるため、代理店に所属するデザイナー、または代理店の依頼を受けた制作会社のデザイナーがデザインを担当することが多いようです。

セールスプロモーションツール

商品の説明カタログやパンフレット、顧客に送るDM、映画やコンサートのフライヤーなどは、商品の売上げや集客につながる宣伝を目的としたセールスプロモーションツールにあたります。

これらは媒体社を通さずにスポンサーが自由に制作できるのが特長です。

新聞社のチェックはありますが、新聞の折込チラシもこのセクションに分類されるといえるでしょう。

広告代理店の依頼を受けた制作会社の他、スポンサーから直接依頼を受けた中小の制作会社でデザインされることも多いメディアです。

商品パッケージ、ロゴマーク

商品に密接しているツールであるだけに、商品パッケージやロゴマークは商品を提供するメーカーの広告宣伝部などに所属するグラフィックデザイナーが手がけることが多いようです。

また各制作会社なども交えてコンペを行い、もっとも優れたデザインを採用することもあります。