グラフィックデザイナーの給料・年収

会社員のグラフィックデザイナーの給料

会社員として働くグラフィックデザイナーの給料は、所属する企業の規模によって大きく異なります。

大手広告代理店の場合は30代で年収1000万円ということもありますが、中小の代理店やプロダクションの場合は初年度300万円を切ることも往々にしてあります。

ある調査では、グラフィックデザイナーの年収の平均値は300〜430万円。「手に職がある」割には大差ないのが実状です。

中には年俸制のためたとえ徹夜作業になったとしても残業代がつかず、労働時間に対して給料が見合わないという声も多く挙がり、その格差が問題視されています。

せっかく専門教育を受けてグラフィックデザイナーになったのに、「思っていた職業と違った」と、まったく異なる職種に転職を余儀なくされる人も多く見られる厳しい世界です。

フリーランスのグラフィックデザイナーの給料

会社員としてしっかりと経験を積み、多くの実績を手にしたグラフィックデザイナーには、独立の道が開けます。

しかし、会社員時代に多くのクライアントを抱えて活躍していたデザイナーだとしても、独立する際にそれらのクライアントを自分のお客さんにしてしまうのはマナー違反。

そのため、独立して間もないフリーのデザイナーの場合、年収は300万円以下になることもしばしばで、本来の制作活動よりも営業活動や人脈づくりに奔走せざるを得ない人が多いようです。

そのような苦境を乗り越え仕事がコンスタントに入るようになると、努力しだいで年収700〜800万も可能に。

さらにプランニングやディレクションにも精通してくると、通常のデザインワーク以外に企画費やディレクション費の収入も見込めます。

コピーライターやイラストレーターなどのブレーンを抱えてハンドリングができるようになるとさらなる収入増となり、年収数千万になるケースもあります。

ここまで来れば、制作プロダクションやデザイン事務所の立ち上げへとステップアップすることも夢ではありません。

デザイナーの平均年収統計

・平均年収:4,283,000円
・平均年齢:38.5歳
・平均月給:315,000円
・平均賞与:503,100円

デザイナーの年収(規模別)

デザイナー職全般の年収に関するグラフです。賃金構造基本統計調査によると、1,000人以上の規模の事業所に務めるデザイナー職の人の年収が576万円であるのに対し、10〜99人は395万円、100〜999人は382万円になっています。
デザイナーの年収(規模別)のグラフ

デザイナーの年収(年齢)

サンプル数が少ないため、統計データにばらつきがありますが、全体の傾向として、男性は年齢と共に年収の上昇が見られますが、女性は年収が横ばいとなっています。
デザイナーの年収(年齢別)のグラフ