回答者:みちさん(女性/29歳)

職業名:グラフィックデザイナー / 現在の状態:現役 / 経験年数:8年

仕事内容
勤務地は滋賀県、勤務先規模は製作スタッフ10名・営業5名・経理5名・総務3名、管理職5名の合計28名です。

仕事内容は近畿エリアに密着した総合広告代理店での、IllustratorやPhotoshopソフトを利用してのチラシやフリーペーパーデータ制作をしています。

基本的な仕事内容はクライアントと会議し、クライアント企業のチラシやメニューブックなどの販促物、フリーペーパーのデザイン・編集です。

職場での役割は、チームリーダーです。

製作スタッフ内で2~3名でチームを組んで1つの制作物を作ることがあり、その際にリーダーとして他の社員に指示をします。
仕事のやりがい
クライアントから「この会社にデザインを依頼したおかげで集客率が増えました!」と言われた時、とてもやりがいを感じます。

クライアント一人ひとり、企業1社1社に「こんなデザインでこんなお客さんを呼び込みたい」という想いがあります。

その想いを汲んでデザインを考えること、クライアントが喜んでくれるときにこの仕事をしていてよかったという気持ちが出てくるのです。
覚悟しておいた方がいいこと
デザインが好き、自分のデザイン力に自信があるというだけでは続けるのは難しいでしょう。

一番大切なのはクライアントが何を望んでいて、その希望を汲み取りつつデザインを完成させなければいけません。

コミュニケーション能力と、理不尽なクライアントの要望をどうやってかわすかということも重要です。

仕事で一番つらいのはクライアントから「もっと○○して」と無茶な要望をされることです。

そして正直言ってグラフィックデザイナーは勤める企業によってかなり待遇が違います。

何年勤めても給与が上がらない、あまり将来性がないことが多い職種です。
給料・待遇
29歳、勤続年数は8年で、月収は24万、手取りは22万、年収は264万円です。

待遇は昇給年1回 ・賞与年2回で、交通費は全額支給アリ、社会保険完備、家賃補助3万アリです。

週休2日制で、毎週土曜と隔週日曜休みです。

その他休暇は祝日、GW・夏季・年末年始休暇アリです。
この職業の恋愛・結婚事情
仕事は朝9時~18時まで勤務ですが、残業は月100時間前後です。

なかなか忙しいので、私も同僚もなかなか恋愛する暇がありません。

恋人が出来ても続かない、ということも多いですし、既婚者は1人くらいしかいません。

その既婚者の同僚(グラフィックデザイナーとして弊社勤務3年目)は30代の男性で、高校の同級生と同窓会で再会して交際が始まったようです。

給与が少ない(手取り22万)ので結婚後は奥さんも正社員として働いていていると聞きました。

なかなか出会いがない職かなと思います。
この職業を目指す人へのメッセージ
勤め先によって給与や待遇の差があること、クライアントとの意見にすり合わせがなかなか大変なものの、やりがいはあります。

1人きりで1つの仕事を抱え込むことは少なく、同僚と協力して仕事を振り分けながら制作しますから、つらくなったら仲間に相談してください。

デザインで人を喜ばせたいというあなたは、是非グラフィックデザイナーとしてたくさんの人が嬉しくなるデザインを制作してください。