グラフィックデザイナーの未経験採用は?

未経験でグラフィックデザイナーになれる?

グラフィックデザイナーには特別な資格は必要ありません。

しかし、プロフェッショナルとして活躍するためには相当な知識や技術とセンスが必要になります。

センスはもともと持っている素養であり、美的感覚に優れた人なら合格点であるといえますが、知識や技術を得ることは独学では難しく、美術大学や専門学校で学ぶ人がほとんどです。

経験も学校で学んだこともなくグラフィックデザイナーを目指せる唯一の道は、アシスタントとして広告代理店や制作プロダクションに就職すること。

大手広告代理店でない限り、アシスタントであれば高卒の学歴で就職できる場合がほとんどです。

しかし、広告業界は実力主義のシビアな世界なので、即戦力として使える人材を求めることが多く、アシスタントのグラフィックデザイナーの求人自体が非常に少ない現状にあります。

学校で知識と技術を習得する

高校修了時に限らず、社会人であっても学校で学び直すことは充分に可能です。

グラフィックデザインの夜間コースが設けられている専門学校もあり、働きながらでも学ぶことができる体制も整っています。

専門学校では実制作に必要なIllustrator、Photoshopなどのグラフィックソフト、InDesignなどの編集ソフトの使い方をはじめ、構図や配色、効果的な文字の配置の仕方などを学びます。

その他、デザイン論や有名デザイナーの作品の研究、多様化するメディアに対応できるようインターネットや電子書籍などの知識も習得することができます。

アシスタントとして現場で学ぶ

求人数は少ないとはいえ、高卒でアシスタントから始めて、数年後にグラフィックデザイナーとして一人立ちする人はたくさんいます。

本来、学校で専門教育を受けて習得するべき知識や技術を、制作現場で先輩デザイナーの仕事を見ながら学ぶわけです。

勉強だけに集中できる学校と違って習得までに時間はかかりますが、現場でたたき上げられたデザイナーは実践力が高く、一人立ちするとすぐに活躍できる人が多いのが特徴です。