グラフィックデザイナーの勤務時間、休日

残業が多くなりがちな広告業界

広告なら出稿日、セールスプロモーションツールなら納品日が決まっているのがクリエイティブの世界です。

何としてもその日に間に合わせるため、どうしても残業が多くなりがちな労働環境にあります。

忙しいのは出版社や印刷会社への最終入稿前だけとも限りません。作る側はスケジュール通りに進行できるよう校正を提出するのですが、クライアントからの戻しは遅れがち。

その遅れを取り戻して次の校正出しに間に合うように修正を進めるため、慢性的に残業が続くことも往々にしてあります。

グラフィックデザイナーが働く広告代理店や制作プロダクションは、10時から19時など8時間労働で勤務時間が定められていますが、時間通りに出勤して時間通りに退勤できる日はほとんどないという人が多いようです。

とはいえ、遅くまで残業になった日の翌日は午後出勤が認められるなど臨機応変に対応できる会社も多く見られ、夜型のデザイナーでは夕方に出てきて朝まで仕事をするといったパターンの人も見られます。

いずれにしても不規則で過酷な労働条件であることは間違いなく、会社によっては残業が多いのに残業代がつかないなどの問題がたびたび取り沙汰されることも。

こうした環境により、社員の入れ替わりが激しいことも広告業界の特長だといえるでしょう。

休日出勤は当たり前!?

ほとんどの広告代理店や制作プロダクションは完全週休2日制をとっていますが、前述のように入稿日を守ることは必須であるため、休日出勤を余儀なくされることもあります。

たいていは後日、仕事が立て込んでいない日に代休を取ることができますが、タイミングが合わず休日出勤の数がどんどん積み重なっていくことも。

しかし、うまく行けばここぞという時にまとめて代休を取り、ロングバケーションを楽しむこともできるわけです。

グラフィックデザイナーは日ごろ根を詰めて働いている分、まとめて休みを取ることを楽しみにできるような、前向きな人でなければ続かない職種だといえるかもしれません。